名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3819 収録語録数20102 (2016年12月5日現在)

アンリ・ド・レニエ語録

アンリ・ド・レニエ(フランスの象徴派詩人)語録全11件



「自ら苦しむか、あるいは他人を苦しませるか、そのいずれかなしには恋愛というものは存在しない」


「酒は一種の心の臙脂(えんじ)である。わたしたちの思想に、一瞬化粧を施す」


「恋は最も変わりやすいと同時に最も破壊しにくい不思議な感情である」


「恋愛は永遠である。それが続いているかぎりは」


「男がもっとも情を込めて愛してる女は必ずしも一番愛したいと思ってる女ではない」


「倹約した金は儲けた金である」


「世の中には善人とか悪人とかがあるわけではない。ただ、場合によって善人になったり悪人になったりするだけである」


「恋の灯は時として友情の灰を残す」


「女性が鏡に映して自分を見るのは、自分の姿を見るためでなく、自分がどんなふうに他人に見られるかを確かめるためだ」


「人の一生には焔(ほのお)の時と死の時がある」


「恋における貞節とは、欲情の怠惰にすぎない」


関連サイト
フランスの作家語録集
http://bit.ly/13f5wwW


アンリ・ド・レニエ経歴(プロフィール)
【1864年~1936年】フランスの象徴派詩人、新古典主義詩人、作家。代表作に詩集『水の都』など。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/03(火) 06:37:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中邑真輔語録 | ホーム | 外尾悦郎語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2195-3ada87f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)