名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3877。収録語録数20640(2017年3月23日現在)

古河市兵衛(古河財閥創業者)語録

古河市兵衛(古河財閥創業者)語録全2件




鈍なるものは大を成す道に通ずる
「事業を為(な)し遂げるには、運・鈍・根の3つがなければならぬ。小利口に立ち回って小策を弄(ろう)して成功しようというのは、決して成功の要諦(ようてい)ではない。成功は自分が尽すだけ尽し、かつ天命を待つことで初めて得られる」


「人間は、とかく都合の悪いことをうまく切り抜けようとして取繕って話すというくせを有している。しかし何事もありのままに話すのが、最もうまくゆく道なのだ。これは生産上の事でも、販売事業上の事でも変わらない」




関連サイト
偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xLH35E


古河市兵衛(ふるかわいちべえ)経歴(プロフィール)
1832年~1903年(天保3年~明治36年)古河財閥創業者。京都岡崎生まれ。旧姓木村巳之助。大坂鴻池家分家に勤めたあと江州商人古河太郎左衛門の養子となり、古河市兵衛に改名。養父の死後、豪商小野組に入り活躍。明治7年、小野組破綻で独立し鉱山経営に乗り出す。足尾銅山(現・古河機械金属)の開発に成功し銅山王といわれる。著書に「翁の直話」。71歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/09(金) 21:36:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森村市左衛門(森村財閥創業者)語録 | ホーム | 岩崎弥之助(三菱財閥2代目)語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/219-d4468e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)