名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

三木清(哲学者)語録

三木清(昭和の哲学者)語録全15件



「人間が宗教を作るのであって、宗教が人間を作るのではない」


「健全な胃を持っている者が胃の存在を感じないように、幸福である者は幸福について考えない」


「一つの所に停まり、一つの物の中に深く入ってゆくことなしに、如何にして真に物を知ることができるであろうか」


「幸福を武器として闘うもののみが斃(たお)れてもなお幸福である」


「人は軽蔑されたと感じたときによく怒る。だから自信のある者はあまり怒らない」


「孤独は山になく、街にある。 一人の人間にあるのではなく、大勢の人間の『間』にある」


「虚栄心はあらゆる人間的なもののうちで、最も人間的なものである」


「感傷には常に何らかの虚栄がある」


「幸福は人格である」


「個性的な人間ほど嫉妬的ではない」


「希望に生きる者はつねに若い」


「人は敗北主義から独断家になる」


「ジャーナリストは公平な批評家であるよりも、むしろ党派的意見の代表者である」


「秩序はつねに経済的なものである。最小の費用で最大の効果を上げるという、経済の原則は秩序の原則でもある」


「言葉は空虚なもので、事実はつねに言葉よりも雄弁である」


関連サイト
哲学者(日本)語録集
http://bit.ly/19441ee


三木清(みき・きよし)経歴(プロフィール)
【1897年~1945年】京都学派を代表する昭和の哲学者。兵庫県(現・たつの市揖西町)出身。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/05(月) 22:12:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小泉吉宏語録 | ホーム | 哲学者(日本)語録集>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/2078-cb58df57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)