名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3909。収録語録数20985(2017年7月18日現在)

御手洗毅(キヤノン初代社長)語録

御手洗毅(キヤノン初代社長)語録全6件



われわれの生きる道は自助あるのみだ
「基幹産業であれば国が援助するだろうが、キヤノンは誰も助けてくれない。自助あるのみだ。そして、それしか、われわれが生きる道はない。歯を食いしばって研究努力を重ねていけば、必ずや世界を制覇する日がくる」


「キヤノンはライカに追い付き、ライカを追い越す。世界一が念願だ。よそが真似できない、世界一のものをつくれ」
注釈:当時世界のマーケットでは西ドイツ(当時)のライカが圧倒的な強さを誇っていた。キヤノンカメラはメイド・イン・ジャパンなるが故に安物視され、ライカの足元にも及ばなかった。


「自分の子は自分で育てる」
注釈:ライカにもない独自の機構をもつ35ミリカメラの試作品を持参して、販売のパートナーを探すためにシカゴの名門企業に売り込んだが、一ヶ月待たされたあげく「性能はよく、ライカよりすぐれたカメラだが日本製では売れない。当社のブランドであれば売れる。この条件でよければ総代理店契約をしようと」という冷たい返事であった。御手洗は落胆したが、「自分の子は自分で育てる」といい切り、独自の道を歩み続けた。


「キヤノンはあくまでも、高品質で世界一を目指す」
注釈:デフレ不況の中、一時の急場策として安価なカメラを作ってはどうか、との声も社内であったが、御手洗は一蹴した。


「私は医師であり、技術のことも経理のこともまったく分からない。だから社員を信用する以外にない。会社を繁栄させるには私を含め、社員一人一人が誠心誠意やっていくしかない」


「私は従業員が、キヤノンで一生を過ごして本当によかった。悔いはないと思ってくれるような会社を作りたいと考えているのです。これが経営者としての私の一生の夢なのです」



関連サイト
偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xLH35E


御手洗毅(みたらいたけし)経歴(プロフィール)
1901年~1984年(明治34年~昭和59年)キヤノン初代社長。大分県生まれ。北海道帝大医学部卒。医学博士。病院勤務のあと御手洗病院開業。昭和17年、精密光学研究所(現・キヤノン)社長。昭和49年、会長。83歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/03(土) 19:40:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<渡辺恒雄(読売新聞グループ会長・主筆)語録 | ホーム | 成田豊(電通元社長)語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/200-e53c8954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)