FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

与謝野家の家族・親族(家系図)

与謝野鉄幹の家族・親族



妻:晶子(歌人)
次男:与謝野秀(外交官)。息子が与謝野馨 
孫:与謝野馨(政治家)

※与謝野鉄幹・晶子夫妻の子供は11人


関連サイト
与謝野晶子語録
http://bit.ly/wzo6GY


与謝野鉄幹(よさのてっかん)経歴(プロフィール)
1873年~1935年(明治6年~昭和10年)明治・大正・昭和期の歌人。本名は寛。鉄幹は号。京都岡崎(現・京都市左京区)に生まれる。明治25年上京、落合直文門下となる。落合直文を中心として「あさ香社」をつくり、新派和歌運動をはじめる。 明治27年には、歌論「亡国の音」を発表。明治32年、「新詩社」を創設。明治33年「明星」を創刊し、妻与謝野晶子とともに浪漫主義運動を華麗に活動する。後に慶応義塾大学教授。62歳で没。


与謝野晶子(よさのあきこ)経歴(プロフィール)
1878年~1942年(明治11年~昭和17年))明治時代から昭和時代にかけて活躍した歌人、作家。大阪府堺市(現在の堺区)出身。旧姓は鳳(ほう)。 戸籍名は「志よう」。ペンネームの「晶子」の「晶」はこの「しよう」から取った。実の兄はのちに日本の電気工学の先達者となる鳳秀太郎(ほうひでたろう)。堺女学校卒業。1899年、関西青年文学界に参加。1900年、与謝野鉄幹の東京新詩社に参加し、「明星」誌上に短歌を掲載。鉄幹と恋愛関係となり上京。1901年、「みだれ髪」を発表。同年鉄幹と結婚。その後も日本浪漫主義を代表する歌人として多くの歌集を発表。文化学院の創立への参加、婦人問題・教育問題への積極的発言など短歌以外にも幅広く活躍した。64歳で没。


与謝野秀(よさのしげる)経歴(プロフィール)
1904年~1970年(明治37~昭和45年)外交官。与謝野鉄幹・晶子の次男に生まれる。一高・東京大学法科卒、外務省に入る。 1943年~46年、ヨーロッパ各地に勤務。外務省欧亜局所属時には三国同盟に反対の見解を示した。戦後、外務省情報局長、ベルギー駐在員、エジプト公使・大使、スペイン大使、東京オリンピック事務長を歴任、イタリア大使を最後に退官。 原子力委員在任中に死去。66歳で没。


与謝野馨(よさのかおる)経歴(プロフィール)
1938年~(昭和13年~)衆議院議員。東京生まれ。東京大学法学部卒業。日本原子力発電に勤務後、中曽根元首相の秘書を経て1976年に衆議院議員初当選。文部大臣。通産大臣。自民党政策会長などを歴任。安倍内閣では官房長官、麻生内閣では財務・金融・経済財政の3閣僚を兼務。歌人の与謝野鉄幹・晶子は祖父母にあたる。
スポンサーサイト



  1. 2011/11/30(水) 16:53:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<与謝野晶子語録 | ホーム | 正岡子規語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/194-a54bb328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)