FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

バートランド・ラッセル語録

バートランド・ラッセル(英国の哲学者、論理学者)語録全25件



「私は両親の愛にまさる、偉大な愛を知らない」


「愛を受け取る人間は、愛を与える者である」


「希望というものは、絶望から生まれるのです」


「道徳は、つねに変化している」


「次に起こる戦争は勝利に終わるのではなく、相互の全滅に終わる」


「浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない」


「世論に流されないのは、力であり、幸福の源泉である」


「人間、関心を寄せるものが多ければ多いほど、ますます幸福になるチャンスが多くなり、また、ますます運命に左右されることが少なくなる。かりに、一つを失っても、もう一つに頼ることができるからである」


「不幸な人間は、いつも自分の不幸を自慢している」


「科学は既に知っていること。哲学は未知のこと」


「私は、どんなに前途が多難であろうとも、人類史のもっともよき部分が未来にあって、過去にないことを確信している」


「実際、人類の大半が愚かであるということを考えれば、広く受け入れられている意見は、馬鹿げている可能性のほうが高い」


「愛国心とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ」


「何かをやれるという最良の証拠は、他人がすでにそれをやり遂げたという事実である」


「政府がちょっと手を貸せば、どんなに馬鹿げた事でも大多数の国民が信じるようになる」


「常識外れの思想を持つことを恐れてはいけない。今日の常識のほとんどは、元々常識外れの思想から生まれているのだから」


「自分の意見と違う意見に腹を立てず、そういう意見が出た理由を理解しようとする術を学ぶことが大事である」


「知識を身につける機会があれば、たとえ不完全なものでも(無視してはいけない。)無視するのは、劇場に行って芝居を見ないのと同じだ」


「愛というものは、地中深くにしっかりと根を張り、天にも届かんばかりの大きな枝を張った大樹になるべきものである」


「嫌いな人間、国家、信条がなければ、大抵の人は幸せになれない」


「他人と比較してものを考える習慣は、致命的な習慣である」


「酩酊は一時的な自殺である」


「最も優れた愛は、互いに命を与え合うものである」


「戦争は誰が正しいかを決めるのではない。誰が生き残るかを決めるのだ」


「優柔不断ほど疲れることはない。そして、これほど大きなエネルギーの無駄もない」


関連サイト
哲学者(世界)語録集 
http://bit.ly/WcR4Eg


バートランド・アーサー・ウィリアム・ラッセル経歴(プロフィール)
【1872年~1970年】イギリスの哲学者、論理学者、数学者。第3代ラッセル伯爵。ノーベル文学賞受賞。
スポンサーサイト



  1. 2013/06/08(土) 07:03:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハリール・ジブラーン語録 | ホーム | 蜷川幸雄語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1912-1f5df1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)