名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3909。収録語録数20985(2017年7月18日現在)

竹田恒泰語録

竹田恒泰(作家)語録14件



「自分の血統は北朝だが、心は南朝である」


「孝明天皇の死因は天然痘ではなく、開国派公家による毒殺の可能性が高い」


「日本が最古の国であることを知ったとき、私は心から感動し『日本はすごい国なんだ』と思った。これほど日本人に誇りを持たせる重要な歴史を教えないとは、不自然極まりない。日本国民の意識から『建国』が完全に抜け落ちてしまった結果、現代日本人は建国精神を忘れ、民族の誇りを忘れ、日本人の気質を失ったように思える」
出典:『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』


「世界の歴史は王朝交代の歴史だった。世界史の年表を眺めれば、国家は数十年や百年程度で成立と滅亡を繰り返してきたことがよく分かる。人類史上、四百年以上国家を守ったのは、数えるほどしか例がない。ところが、そのなかで日本だけが、古代から続く王朝を守り、今も存在しているのである。そして、我が国の建国よりも前にあった王朝は、いずれも滅び、今は存在しない」
出典:『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』


「日本における歴史教育は、まっとうな日本人を育成するためのものでなくてはならない。日本人が日本の建国と独立自尊の精神を学ぶことは、歴史教育の柱であるべきだ。そのような教育を受けることで、子供たちは、日本の特質と日本人の精神的気質を知り、日本という国が存在していること、そして、日本人に生まれてきたことの意義を知って、祖国を愛する心を養うことができるのである」
出典:『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』


「本来2月11日の『建国記念の日』は、数ある祝日のなかでも、我が国にとって最も重要な祝日であるにもかかわらず、日本人がこれを祝わないばかりか、建国を祝う政府主催の祝賀行事も今は行われていない。日本は世界のなかでも建国を祝わない、おかしな国なのである。外国人がこの実態を知ったら、奇妙に思うことだろう」
出典:『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』


「世界の歴史は『宗教戦争の歴史』といっても過言ではない。民族の誇りや信仰が穢(けが)されるなら、人々は最後まで戦う覚悟を持っている」
出典:『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』


「世界史を眺めると言語は脆弱(ぜいじゃく)なものであることが分かります。言語は民族と共に生き残るものであり、民族と共に滅びるものでもあるのです。英語が日の沈まぬ言語になった半面、その陰で夥しい数の言語が消滅していきました」
出典:『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』


「私は学校教育に『古事記』を復活させなくてはならないと考えている。『古事記』は、日本人の自然観と死生観と歴史観を養うことができる数少ない教養書である。そろそろ、独立を回復してもなお占領軍の方針に従って動いている日本人ではなく、真の日本人の手に教育を返してもらいたいものだ。教科書を切り替えるだけで、30年後の日本は国民一人ひとりが輝きを放っているに違いない」
出典:『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』


「世界の歴史には、ルイ16世や西太后などに見える、権力者が贅沢三昧をしてきた記録は枚挙に遑(いとま)がないが、そのような逸話は日本の皇室には伝わらない。国が疲弊した困難な時代はもとより、日常的に歴代天皇は質素倹約を是とし、現在に至るのである」
出典:『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』


「他の国にない日本の特徴の最たるものは、天皇と国民の絆ではなかろうか。天皇と国民は、何をもってしても絶対に断ち切ることのできない、強靭な絆によって結ばれている」
出典:『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』


「女性宮家の創設とは、すなわち女性皇族が民間から婿を取ることを意味する。これまでの皇室の歴史において、民間の男性が皇族になった例は一例も無い。女性宮家創設により、初めて民間出身の男性皇族が出現することになる。ちなみに、女性は民間出身でも天皇や皇族の配偶者となった例はいくらでもある」
11月25日twitterでの発言


「宮内庁は皇室の組織ではなく、政府の組織である。よって羽毛田宮内庁長官は、陛下の御家来衆ではなく、総理の家来に過ぎない。宮内庁長官の言葉は必ずしも陛下の御意思とは限らない」
11月25日twitterでの発言


「羽毛田宮内庁長官の「女性宮家創設」提言は、女系天皇と直結するもの。陛下の御退院直後にこのような提言をしたことは、国民感情を利用しようとする政治的意図があったと思える」
11月25日twitterでの発言


関連サイト
作家(日本)語録集
http://bit.ly/RC9JWI


竹田恒泰(たけだ・つねやす)経歴(プロフィール)
1975年に旧皇族・竹田家に生まれる。作家、慶応義塾大学講師(憲法学)。明治天皇の玄孫(やしゃご)にあたる。慶応義塾大学法学部法律学科卒業。専門は憲法学・史学。著書「語らなかった皇族たちの真実」(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。著書他『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』など。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/29(火) 15:23:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<可合良成(小松製作所元社長)語録 | ホーム | 菊川剛(オリンパス元社長)語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/190-0c076148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)