FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ語録

アントン・チェーホフ(ロシアを代表する劇作家)語録全11件



「教養ある人間は、他の人格を尊重し、したがってつねに寛大で柔和で腰が低いものである」


「男と交際しない女は次第に色褪せる。女と交際しない男は次第に阿呆になる」


「共通の憎しみほど、人間を団結させるものはない」


「老人は何もいう事がなくなると、すぐに近頃の若い者は…と言うものだ」


「結婚生活で一番大切なものは忍耐である」


「男が恋をするなら必ず純潔な相手を選べというのはエゴイズムである。自分にはありもしないものを女性に求めるのは、それは愛ではなく崇拝にすぎない。人間は自らと同等の者を愛すべきだから」


「優しい言葉で相手を征服することができないような人は、いかつい言葉でも征服できない」


「無関心とは精神の麻痺であり、死の先取りである」


「人間は好んで自分の病気を話題にする。彼の生活の中で一番面白くないことなのに」


「嘘をついても人は信じる。ただし権威をもって語ること」


「自分の運命は自分で作り出すべきもので、虚偽や不正は絶対に排撃せねばならない」


関連サイト
作家(世界)語録集
http://bit.ly/R7jUVH


アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ経歴(プロフィール)
【1860年~1904年】ロシアを代表する劇作家であり、短編小説家。食料雑貨を扱う商家に生まれた。
スポンサーサイト



  1. 2013/06/02(日) 22:09:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<城島健司語録 | ホーム | 三浦博史語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1896-09d8ae7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)