名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20323(2017年1月22日現在)

谷川浩司語録

谷川浩司(十七世名人)語録全13件



「何度も何度も負けたとしても、自分の道をひたすら歩き続ければ、やがてそこに一本の道が拓けてくる」


「いいときは焦らない。悪いときはあきらめない」


「迷ったときは原点に戻って再スタートすればいい」


「勝負師の条件は、負けた悔しさをバネに勝つことだ。そして、勝ちたいという気持ちを持ち続けることである。敗者の美学という言葉があるが、負けて満足するのは自己満足でしかない」


「普段(練習将棋で)は自分が一番弱いと思って指し、大会では自分が一番強いと思って指す」


「勝負の世界に偶然はありません。一夜漬けは通用しない。毎日毎日の積み重ねがすべてなんです」


「私は、最初の気持ちをずっと持ち続けられることと、一つのことを努力し続けることを苦にしないことが、もっとも大事な才能であると考えている」


「『自分はダメだ』と思った瞬間に吹き飛ばされているのが、この世界だ。逆に周りが無理だと思っていても、自分が『できる』と思っている間は可能性がある」


「勝負においては『勝たしてやりたい』『彼が勝ったほうが将棋界にもいいのだ』という目に見えない力が後押しすることがある」


「実力のある人は、姿勢からして端正である」


「将棋はミスしたほうが負けるゲームである」


「自らの負けを潔く認めることが、次の勝利へとつながっていくのである」


「現状は悲観的に、将来は楽観的に」


関連サイト
将棋棋士語録集 
http://bit.ly/10T07dZ


谷川浩司(たにがわ・こうじ)経歴(プロフィール)
将棋棋士。若松政和七段門下。永世名人(十七世名人)の資格を保持。日本将棋連盟棋士会初代会長。1962年神戸市生まれ。神戸市須磨区出身。14歳で四段と異例のスピード昇進。21歳の時、史上最年少で名人位を獲得。1997年、通算五期目の名人位獲得により『十七世名人』として永世名人の資格を得る。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/08(水) 20:58:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<吉野源三郎語録 | ホーム | ゲオルク・ジンメル語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1797-105ac336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)