名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3847。収録語録数20304(2017年1月18日現在)

星野富弘語録

星野富弘(詩人・画家)語録全10件



「辛いという字がある。もう少しで幸せになれそうな字である」


「神様がたった一度だけこの腕を動かしてくださるとしたら 母の肩をたたかせてもらおう」


「過去の苦しみが、後になって楽しく思い出せるように、人の心には仕掛けがしてあるようです」


「私にできることは小さなこと。でも、それを感謝してできたら、きっと大きなことだ」


「二度と来ない今日という日を100日のように生きたい」


「いのちが一番大切だと思っていたころ、生きるのが苦しかった。いのちより大切なものがあると知った日、生きているのが嬉しかった」


「ちいさいから、踏まれるのさ。弱いから、折れないのさ」


「暗く長い土の中の時代があった。いのちがけで芽生えた時もあった。しかし草は、そういった昔をひとことも語らず、もっとも美しい今だけを見せている」


「見ているだけで何も描けずに一日が終わったそういう日と大きな事をやりとげた日と同じ価値を見いだせる心になりたい」


「わたしは傷を持っている。でもその傷のところから、あなたのやさしさがしみてくる」


関連サイト
作家(日本)語録集
http://bit.ly/RC9JWI


星野富弘(ほしの・とみひろ)経歴(プロフィール)
日本の詩人・画家。1946年4月24日群馬県生まれ。群馬大学を卒業し、中学校の体育教師になるが、クラブ活動の指導中、頸髄を損傷、手足の自由を失う。群馬大学病院入院中、口に筆をくわえて文や絵を書き始める。昭和56年、 結婚。雑誌や新聞に詩画作品やエッセイを連載。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/04(土) 23:42:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日野原重明語録 | ホーム | 桐生祥秀語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1773-efce5b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)