名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3847。収録語録数20304(2017年1月18日現在)

横山大観語録

横山大観(近代日本画壇の巨匠)語録全4件



「己が貧しければ、そこに描く富士も貧しい」


「人間ができてはじめて絵ができる」


「良い絵とは、ああっと言うだけで、ものが言えなくなるような絵だ。どうだこうだと言える様な絵、言いたくなる様な絵は大した絵ではない」


「金もうけされるのも結構だが、このへんでひとつ世の中のためになるようなこともやっておいたらどうですか」
注釈:親交が深かった実業家、山崎種二(山種証券創業者)に言った言葉。この言葉がきっかけとなり山崎は後に山種美術館を設立する。


関連サイト
画家(日本)語録集
http://bit.ly/12UZI29


横山大観(よこやま・たいかん)経歴(プロフィール)
【1868年~1958年】日本の美術家、日本画家。近代日本画壇の巨匠であり、今日「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。常陸国水戸(現・茨城県水戸市)出身。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/29(月) 22:31:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<澤柳政太郎語録 | ホーム | 山崎種二語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1753-6543cbc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)