名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20337(2017年1月25日現在)

山本権兵衛(海軍大将)語録

山本権兵衛内閣総理大臣(第16代・22代)語録全3件



「東郷は、運の良い男でございますから、しかるに、必ずや勝利致しましょう」
注釈:明治天皇に何故、東郷を司令長官にしたのだと聞かれて


「閣下、閣下は陸軍では将軍ですが、海軍では新参者ではありませんか。山本は海軍に生まれ、海軍に育ったものです。たとえ少佐でも海軍では私のほうが、大臣より古参です。その私が七ヶ月かかって調べたことが、一週間でもうよろしい、わかったとは何事ですか」
注釈:海相に就任した陸軍中将の西郷従道が海軍の概況書提出を山本に命じた。山本は苦心して書き上げて提出したが、一週間で返ってきた。それに対して山本は海相にむかって、苦言をていした。


「東京を復興するの努力如何は世界列強の環視する所、我が邦(くに)の実力如何を知るの試金石、またここに在り」
注釈:関東大震災が起こった時に、首相であった山本は震災から2週間後に震災対処方針について宣言した。



関連サイト
歴代総理大臣語録一覧
http://bit.ly/wBersx


山本権兵衛(やまもとごんべえ)経歴(プロフィール)
1852年~1933年(嘉永5年~昭和8年)内閣総理大臣(第16代・22代)、日本海軍の父、海軍大臣、海軍大将。薩摩出身。明治7年、海軍兵学寮卒。天城、高雄、高千穂の各艦長。海相歴任、日露戦争の全期を含む約8年間、ほぼ継続して海軍大臣の職にあった。海軍大将となる。大正2年、首相となるがシーメンス事件により辞職。大正12年再び首相となるが虎ノ門事件により辞職。海軍拡大政策に貢献したので「日本海軍の父」と呼ばれた。82歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/24(木) 14:44:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋山真之(海軍中佐)語録 | ホーム | 東郷平八郎語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/172-5242898c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)