名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3846。収録語録数20298(2017年1月17日現在)

太宰治語録

太宰治(作家)語録全6件



「何もしないさきから、僕は駄目だと決めてしまうのは、それは怠惰だ」


「愛は最高の奉仕だ。みじんも、自分の満足を思ってはいけない」


「幸福の便りというものは、待っている時には決して来ないものだ」


「愛は、この世に存在する。 きっと、ある。見つからぬのは愛の表現である。その作法である」


「革命は、人が楽に生きるために行うものです。悲壮な顔の革命家を、私は信用しません」


「怒る時に怒らなければ、人間のかいがありません」


関連サイト
作家(日本)語録集
http://bit.ly/RC9JWI


太宰治(だざい・ おさむ)経歴(プロフィール)
【1909年~1948年】昭和を代表する日本の小説家。本名は津島修治(つしま・しゅうじ)。主な作品『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』など。青森県生まれ。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/18(木) 21:12:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<吉田兼好語録 | ホーム | 徳冨蘆花語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1689-ca103d74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)