名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20323(2017年1月22日現在)

森下卓語録

森下卓(将棋棋士)語録全2件



「未知の局面に出会ったとき、定跡は最高の羅針盤となる」 


「若手のプロはカーナビゲーションが使える場所は百キロでもすいすい走って行けるが、いったん山道に入ってカーナビが使えなくなると、なかなか最善手が指せなくなってしまう」
注釈:将棋でいうカーナビに現れるルートは定跡を指す。定跡を知っていると何も考えずとも、オートマチックにどんどん進める。しかし一旦山道に入ると定跡が役に立たなくなるので、やはり定跡を知っているだけでは不十分。


関連サイト
将棋棋士語録集
http://bit.ly/10T07dZ


森下卓(もりした・たく)経歴(プロフィール)
将棋棋士。花村元司九段門下。棋士番号は161。竜王戦1組通算17期、名人戦A級通算10期。1966年7月10日生まれ。福岡県北九州市出身。著書『将棋基本戦法 居飛車編』『8五飛を指してみる本』『森下の対振り飛車熱戦譜』『なんでも中飛車』など。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/09(火) 06:11:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森本薫語録 | ホーム | ソフォクレス(ソポクレス)語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1652-703379c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)