名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3846。収録語録数20292(2017年1月16日現在)

宮崎駿語録

宮崎駿(アニメーション作家)語録全14件



「才能はたいていの人が持っているんだけど、才能のあるなしじゃなくて、それを発揮するエネルギーがあるかどうか」


「やっぱり人に喜んでもらうのが好きなんですね。たぶん、それをものすごく気にして生きてるんじゃないかと思います」


「誰かを楽しませなければ生きている意味がない」


「半端な仕事はやっちゃいけないですね。それは本当に思います」


「子供っていうのは、可能性の生き物なんですよ。たくさんの選択肢を、毎日持ってるんです。大人も実はそうなんですけどね」


「次があるとかないとかっていう話はもういいですよ。それに関しては、天命だと思ってますから」


「才能とは、情熱を持続させる能力のこと」


「自分で、すぐ自分を許せる人間は、大した仕事をやらない」


「商売ってのは、苦労するに決まってるんです」


「悪いことをしても天罰が下るわけではなく、良いことをしてもお褒めにあずかるわけではない。じゃあ何が違ってくるかというと、顔が違ってくる。豚の顔になるのか、少しはましな顔になるのか」


「理想を失わない現実主義者にならないといけないんです。理想のない現実主義者ならいくらでもいるんですよ」


「もう、とことん考える。ありとあらゆる方向を探るんです。とことん困ると、奥のほうでふたが開くんです。そのふたが開くと、最初に考えもしなかった方向が見えたりする」


「アニメーションは歩くことに始まり歩くことで終わる」
注釈:シンプルな動作であるが、描くのが難しいのが歩く動作だという。宮崎の作品に登場する人は年齢、性別などにより歩き方も皆違っているのが特徴である。


「面倒くさいことにこそ大切なものがある」
注釈:『面倒くせ~』というのは宮崎の創作をする時の口癖であったが、そこにこそ大切なことがあるとの信念を持っていたのでどんなに面倒くさいことでも手を抜くことはなかったという。


関連サイト
漫画家(日本)語録集 
http://bit.ly/15T1kGO


宮﨑駿(みやざき・はやお)経歴(プロフィール)
日本のアニメーション作家、映画監督、漫画家。1941年〈昭和16年〉1月5日生まれ。東京都出身。主な監督作品に『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『風の谷のナウシカ』『紅の豚』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ルパン三世カリオストロの城』など。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/20(水) 09:04:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中川一郎語録 | ホーム | 井原西鶴語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1599-8ca34926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)