FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

ジョージ・エリオット語録

ジョージ・エリオット(イギリスの女流作家)語録全11件



「なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはないの」


「何事も実現するまでが、一番楽しい」


「悪魔が私たちを誘惑するのではない。私たちが悪魔を誘惑するのだ」


「自分の仕事が最高と思えたら、成功です」


「言葉は翼を持つが、思い通りに飛ばないものだ」


「動物はきわめて気持ちのよい友である。どんな質問もしないし、どんな批判がましいこともいわないから」


「もっとバラの花が欲しければ、もっとたくさんのバラの木を植えなさい」


「空の星になれないなら、せめて家庭の灯(あかり)になりなさい」


「死者も我々がまったく忘れてしまうまで、本当に死んだのではない」


「愛されるだけでは物足りない。愛の言葉もかけてほしい。静寂の世界は、お墓の中で十分に味わえるのだから」


「性格とは、固くもなければ不変でもない。活動し、変化し、肉体と同じように病気にもなるのだ」


関連サイト
作家(世界)語録集
http://bit.ly/R7jUVH


ジョージ・エリオット経歴(プロフィール)
【1819年~1880年】19世紀イギリスの女流作家。イギリスのビクトリア朝時代の著名な作家。主な著書に『フロス河畔の水車場』『アダム・ビート』『ミドルマーチ』『サイラス・マーナー』。イングランドのワーウィックシャー生まれ。
スポンサーサイト



  1. 2013/03/15(金) 06:17:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モハメド・アリ語録 | ホーム | ジョルジュ・クレマンソー語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1585-7c632904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)