名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20327(2017年1月24日現在)

ミゲル・デ・セルバンテス語録

ミゲル・デ・セルバンテス(作家)語録全20件



「命あるかぎり、希望はあるものだ」
注釈:『ドンキホーテ』


「お前が誰と一緒にいるか、いってみな。そうしたら、お前がどんな人間かいってやる」
注釈:『ドンキホーテ』


「『そのうちやる』という名の通りを歩いていき、行き着くところは『何もしない』という名札のかかった家だ」


「ことわざとは、長い経験に基づく短い文のことである」


「人生は1枚の銀貨のようなものだ。それをどう使おうと勝手だが、使えるのはたった1度きりである」


「自分のポケットの中の小銭は、他人のポケットの中の大金に勝る」


「有頂天の歓喜は常に悲哀に転ずる」


「飢えは世界中で最上の調味料だ」


「富を失うものは、多くを失う。友人を失う者は、さらに多くを失う。しかし、勇気を失う者は、全てを失う」


「ひとつのドアが閉まったときには、また別のドアが開く」


「眠りは人間の思いをすべて覆うマントである。眠りを発明した人に幸あれ」


「安眠は心労の最大の療法である」


「信仰の存在するところに神は存在する」


「どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある。救いのない運命というものはない。災難に合わせて、どこか一方の扉を開けて、救いの道を残している」


「退去は逃げることではない」


「忘恩は慢心の落とし子である」


「裸で私はこの世に来た。裸で私はこの世から出てゆかねばならぬのだ」


「喜劇で最も難しい役は愚かな役であり、その役は愚か者には演じられない」


「ももひきを濡らさずに鱒は釣れない」


「正直は最高の良策」


関連サイト
作家(世界)語録集
http://bit.ly/R7jUVH


ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ経歴(プロフィール)
【1547年~1616年】近世スペインの作家で、『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』の著者として有名。マドリード近郊のアルカラ・デ・エナーレスで生まれる。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/05(火) 20:01:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アルキメデス語録 | ホーム | カリル・ギブラン語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1556-72fdd8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)