FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

三井高房語録

三井高房語録全1件



「人の心は、元小さくもって、その業にいたって、大きく延ばし、畢竟(ひっきょう)、傘のように心得申すべく候」
注釈:細心の注意を払い事業にあたり、最終的には傘を開くように事業を広げていくのがよいといった意味。


関連サイト
偉人のエピソード逸話集 
http://bit.ly/xLH35E


三井高房(みつい・たかふさ)経歴(プロフィール)
【1684年~1748年】豪商三井家の江戸時代中期の主。江戸時代の豪商三井惣領家の3代目。2代高平の長男。重役手代中西宗助の協力を得て越後屋呉服店と両替店の店規則類を整備し、使用人制度を確立するなど営業店の組織強化をはかり、高平の没後も親分として三井同族組織をまとめた。
スポンサーサイト



  1. 2013/02/21(木) 06:15:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リック・スミス語録 | ホーム | 学者・研究者・専門家(日本)語録集>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1511-70e7e1ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)