名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3906。収録語録数20964(2017年6月24日現在)

水上勉語録

水上勉(小説家)語録全5件



「一日だけ生きればいい。明日、明後日のことを考えるから面倒になる」


「動物はみな弱いものをくって生きる以上、 だれかの生まれかわりだ」


「今日一日に全力を尽くすことである。それなくしては、とても先のこともうまくいくはずがない」


「人間は苦境にあるほど、苦しいいまを忘れて、未来に夢を馳せようとする。しかし、いまの苦境を乗り越えずして、明るい未来はありえない」


「美しい女とは、貧富に関わらず、己を無にして生きている女性のことをいう。私はそのように解釈している。己を無にするといったのは、つまり頭の中をいつも空っぽにして、世間というものの恐ろしさ、美しさ、さびしさを、身に染ませつつ生きるということでもある」


関連サイト
作家(日本)語録集 
http://bit.ly/RC9JWI


水上勉(みずかみつとむ)経歴(プロフィール)
【1919年(大正8年)~2004年(平成16年)】日本の小説家。福井県生まれ。著書『海の牙』『雁の寺』『城』『宇野浩二伝』『北国の女の物語』『兵卒の鬚』など。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/14(木) 20:15:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三鬼隆語録 | ホーム | アジット・マノチャ語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1486-49bd7f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)