名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20308(2017年1月19日現在)

池田成彬(三井財閥改革者)語録

池田成彬(三井財閥改革者)語録2件



自由経済主義者としての信念に生きる
「運というものは、あるでしょう。だが、私はそれがあると思うだけで、それ以上は何も考えない。いな、運は絶対に考えないことにしている。計画を立てる際にも細心の注意をもって、裏の裏まで考える」


「運というものは、自分の細心の注意でもってそれを拓(ひら)いたり、または避けるということもできるものだ」


関連サイト
トップページ(目次) http://bit.ly/1j4tg4M
名経営者(日本)語録集 http://bit.ly/NElxeK


池田成彬(いけだ・せいひん)経歴(プロフィール)
1867年~1950年(慶応3年~昭和25年)三井合名筆頭常務。山形県米沢市生まれ。慶応義塾卒後、米ハーバード大学に学び、時事新報社を経て三井銀行(現・三井住友銀行)入行。昭和8年、三井合名常務理事に就任して三井改革を断行。三井財閥近代化に功績を残した。昭和12年、日銀総裁。昭和13年、大蔵大臣(現・財務大臣)兼商工大臣。83歳で没。著書に「私の人生観」他。なお成彬の名は本来「しげあき」と呼ぶが、本人は「せいひん」を名乗った。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/11(金) 23:09:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平岩外四(東京電力元社長)語録(経営編) | ホーム | 太田垣士郎(関西電力初代社長)語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/145-6d1e61bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)