名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20317(2017年1月21日現在)

瀬戸内寂聴語録

瀬戸内寂聴語録全20件



「幸福になるためには、人から愛されるのが、いちばんの近道です」


「一日一日を大切に過ごして下さい。そして、『今日はいい事がある。いい事がやってくる』『今日はやりたい事が最後までできるんだ』この事を思って生活してみて下さい」


「もし、人より素晴らしい世界を見よう、そこにある宝にめぐり逢おうとするなら、どうしたって危険な道、恐い道を歩かねばなりません。そういう道を求めて歩くのが、才能に賭ける人の心構えなのです」


「わたくしが親しみと友情を感じるのは、迷わない女、道を誤らない女ではなく、心に罪を感じ、過ちに傷つき、愚かな涙を流しつくしたような女です」


「人は夜眠る時、愛する人の上を思います。目ざめた瞬間やはりその人のことをまず思います。それが恋というものでしょう。愛でも恋でもいい、自分以上に心にかかる人がいるということ。それが生きる喜びです」


「いろんな経験をしてきたからこそ、あなたの今があるのです。すべてに感謝しましょう」


「本当の優しさとは、相手を理解し、相手の心情を思いやる想像力を持つことです」


「お子さんに『何のために生きるの?』と聞かれたら、『誰かを幸せにするために生きるのよ』と答えてあげて下さい」


「おしゃれの女は、掃除が下手と見て、だいたいまちがいない」


「あなたは苦しんだ分だけ、愛の深い人に育っているのですよ」


「想像力を鍛えるためには本を読むことです。とにかくよい本を読むことです」


「大きな椿の花を咲かせるには、どうすると思いますか?まだ、つぼみが小さいうちに、ひとつだけを残してみな摘んでしまうのです。そうすれば、大輪の花を咲かせることができるのです」


「私は、いい母になる才能、いい妻である才能、そうした才能をひとつひとつ摘み取ってきました。そして、小説を書く才能だけを残したのだから、これだけたくさんの才能を犠牲にしたのだから、せめて小説を書く才能だけはちゃんとしてくださいとお釈迦様にお願いしています」


「愛とは、現在にしかないもの」


「自分の愛情をどんどん相手にプレゼントすれば、増えたの減ったので悩むことはありません」


「あらゆる戦争は悪だと思っています。戦争にいい戦争なんてありません。私たち老人は、そのことを語り継がなければなりません」


「生かされているのですから素直に有り難いと思いましょう。生きている値打があるから生かされているのですもの」


「相手が今何を求めているか、何に苦しんでいるかを想像することが思いやりです。その思いやりが愛なのです」


「あなたはたった一つの尊い命をもってこの世に生まれた、大切な存在です」


「お返しを期待しない、感謝の言葉も求めない。それが本当の奉仕です」


関連サイト
作家(日本)語録集 
http://bit.ly/RC9JWI


瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)経歴(プロフィール)
日本の小説家、天台宗の尼僧。旧名は瀬戸内晴美(せとうちはるみ)。1922年(大正11年)5月15日徳島県徳島市の仏壇店(瀬戸内商店)を営む家で生まれる。代表作『夏の終り』『花に問え』『場所』など。これまで多くの文学賞を受賞した。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/03(日) 20:46:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<田辺聖子語録 | ホーム | 半藤一利語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1428-14bb782f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)