名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20337(2017年1月25日現在)

福岡伸一語録

福岡伸一(分子生物学者)語録全3件



「今日、何か悩ましいことがあったとしても、分子のレベルで考えれば、それさえも流転している。だから生物は、『自由であれ』と命じられているともいえるのです。私が伝えたいのは、こうしたポジティブな無常観というべきものです」


「生物学を学ぶとわかるのが、世界のあらゆるものが『流れている』ということなのです。私たちを構成する分子はやがて空気中に流れ出していって、次には海の一部になるかもしれないし、岩の一部になるかもしれない。生物とは、そうした流れの中にできた一瞬の淀みのようなものです」


「天才と呼ばれる人たちを調べてみると、ピアノでも将棋でも、それに費やしている時間が、最低でも1万時間はあるんです。1日3時間として10年間。5歳から何かをやったとして、15歳までそれを続けて、それである種のプロフェッショナルになる。つまり、環境が運命を決めているんです」


関連サイト
偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xLH35E


福岡伸一(ふくおかしんいち)経歴(プロフィール)
日本の生物学者。青山学院大学教授。専攻は分子生物学。農学博士(京都大学、1987年)。1959年9月29日生まれ。東京都出身。京都大学農学部食品工学科卒業。京都大学大学院農学研究科食品工学専攻博士後期課程修了。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/20(日) 11:27:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<西田幾多郎語録 | ホーム | 貝原益軒語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1376-de4e7fa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)