FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

ヘルマン・ヘッセ語録

ヘルマン・ヘッセ語録全18件



「鳥は卵からむりやり出ようとする。卵は世界である。生まれ出ようとする者は、一つの世界を破壊しなければならない」


「人生は生きるに値するということが、あらゆる芸術の究極の内容であり、慰めである」


「自分の道を進む人は、誰でも英雄です」


「人生の義務は、たったひとつしかない。それは幸福になることなんだ」


「自己の運命を担う勇気をもつ者のみが英雄である」


「人生とは孤独であることだ」


「愛されることが幸せだと、誰もが思っている。しかし、実際のところ、愛することこそが幸せなんだ」


「君がどんなに遠い夢を見ても、君自身が可能性を信じる限り、それは手の届くところにある」


「地上にはたくさんの道が用意されている。けれど、それらの道は自分の力で歩んでいかなければならない」


「人生は一頭の馬である。軽快なたくましい馬である。人間はそれを騎手のように大胆に、しかも細心に取り扱わなければならない」


「詩人は、周囲の世界の良心の状態が読み取れる指針であり、地震計です」


「世の中に実に美しいものが沢山あることを思うと、自分は死ねなかった。だから君も、死ぬには美しすぎるものが人生には多々ある、ということを発見するようにしなさい」


「救いの道は右にも左にも通じていない。それは自分自身の心に通じる道である。そこにのみ神があり、そこにのみ平和がある」


「名人にとっての本当の天職は、自分自身に達するというただ一事あるのみだ」


「忘れてはいけない。偉大な人間になって、なにか立派なことを創造しようと思ったら、多くのことを断念することができなくてはならないということを」


「目的のない生活は味気なく、目的のある生活は煩わしい」


「天才は常に孤立して生まれ、孤独の運命を持つ」


「新しい秩序へと変わってゆく前に、混乱はきちんと認識され、体験されることが必要である」


関連サイト
作家(世界)語録集 
http://bit.ly/R7jUVH


ヘルマン・ヘッセ経歴(プロフィール)
【1877年~1962年】ドイツの作家・詩人。20世紀前半のドイツ文学を代表する文学者。1946年に『ガラス玉演戯』などの作品でノーベル文学賞を受賞した。ドイツ南部バーデン=ヴュルテンベルク州で生まれる。代表作「車輪の下」「デミアン」「ガラス玉演戯」「漂泊の魂」など。
スポンサーサイト



  1. 2013/01/02(水) 23:15:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山崎邦正語録 | ホーム | 上島竜兵語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1295-80f45aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)