FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

利根川進語録

利根川進語録全7件



「自分を本当に納得させることができれば、人を納得させることは簡単である」


「親が充実した人生を送っていれば、子供はそれを見て育つ」


「一人の科学者の一生の研究時間なんてごく限られている。研究テーマなんてごまんとある。ちょっと面白いなという程度でテーマを選んでたら、本当に大切なことをやるひまがないうちに一生が終ってしまうんですよ。だから、自分はこれが本当に重要なことだと思う、これなら一生続けても悔いはないと思うことが見つかるまで、研究をはじめるなといってるんです。科学者にとって一番大切なのは、何をやるかです」


「人生にとってもっとも大切なのは、重要なこと意外は、切り捨てること。プライオリティ(優先順位)の決め方をあやまると、限りある時間と労力を無駄にすることになる」


「捨てることが、熱意を生み出す」


「何をやるかより、何をやらないかが大切だ」


「20世紀の生物学の主要な進展は、遺伝や免疫、細胞増殖など、肉体に関する発見だったといえるでしょう。そこで発見された原理は、人間だけでなく全ての動物に当てはまります。しかし、人間の心についての研究は非常に遅れていました」
出典:『私の履歴書』


関連サイト
学者・研究者・専門家(日本)語録集 http://bit.ly/UHhUqO
発明についての名言集 http://bit.ly/1jNuIrF
発見についての名言集 http://bit.ly/1jS4FiU


利根川進(とねがわ・すすむ)経歴(プロフィール)
日本の生物学者。1987年、ノーベル生理学・医学賞を受賞。マサチューセッツ工科大学教授、ハワードヒューズ医学研究所研究員。1939年9月5日愛知県名古屋市に生まれる。京都大学理学部化学科卒業。
スポンサーサイト



  1. 2012/12/23(日) 21:59:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<衛藤征士郎語録 | ホーム | 田村元語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1226-d054f178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)