FC2ブログ

名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3971。収録語録数21867(2018年9月6日現在)

小泉進次郎語録

小泉進次郎(衆議院議員)語録8件


「そう見えるとしたら私がまだまだ未熟な証拠ですね」
注釈:父親(元首相)のことを聞かれると嫌な表情をして答えませんかと記者に聞かれて。この言葉の後に「テレビを向けられるのも父親の存在があってこそということを自覚しなければいけない」と続く。


「失言すれば、やっぱり世襲だからだめなんだと批判されることは分かり切っていることなので、いつも緊張感を持って行動するようにしています」
注釈:2世、3世議員への批判があるがどう思うかと聞かれて。


「政治家とは言葉が命であって、武器であるから、当たり前のように使っている言葉がどう伝わるか、敏感に、ものすごく繊細に扱わないといけない」


「有志有途」
注釈:サインを求められた際に、名前と一緒によく書く四字熟語。
意味:意志のあるところに道はあるという意味。なかなかの達筆らしい。


「全産業の中で最も伸びしろのある産業が農業だと見ている」


「生産コストをしっかりみて農業経営を考えていくことを当たり前にしていかなければ、日本の農業は自律できない」


「日本の農業の基盤を守るためには外(輸出)を見ないといけない」


「こども保険構想に対し、子どもがいない人は負担だけが重くなるとの批判がある。だが、このまま少子化が止まらなければ、日本は極度にアンバランスな人口構成の国になり、今の社会保障サービスを維持することはできない」


経歴(プロフィール)
■小泉進次郎(こいずみ・しんじろう)
日本の政治家、衆議院議員。1981年(昭和56年)4月14日神奈川県横須賀市生まれ。関東学院六浦小学校に入学して、大学まで関東学院で過ごす。関東学院大学経済学部卒業後、アメリカのコロンビア大学大学院に留学、政治学修士号を取得。アメリカの戦略国際問題研究所非常勤研究員を経て2007年帰国して代議士(父親)の秘書となる。2008年、衆議院議員総選挙で初当選
スポンサーサイト
  1. 2012/12/23(日) 20:57:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<田村元語録 | ホーム | マハトマ・ガンジー語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1224-f4594035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)