FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

高橋是清(第20代内閣総理大臣)語録集(仕事編)

高橋是清(第20代内閣総理大臣)語録集(仕事編)全8件




「仕事を本位とする以上は、その仕事がどんなであろうとも、いかに賤しく、いかに簡単であろうとも、ただ一心になって、それを努めるばかりである。こうすれば、どこにも不平の起こるべき原因がない。よい地位に昇ったからとて、われを忘れて欣喜雀躍(きんきじゃくやく)するはずもなければ、また、その地位が下がったからとて、失望落担することもないはずだ」


「不平を起こすぐらいなら、サラリーマンたる己れを廃業して独立するがよい。独立してやれば、成敗いずれにせよ、何事も自分の力量一杯であるから、不平も起こらぬだろう。けれども、この独立ができないならば、不平は言わないことだ」


「百貫の力量あるものが、常に百貫の全力を一杯に用いることは誤りである。よろしく七十貫の力を常に用いて、余りの三十貫は貯蓄しておくべきである。こうすれば、一朝事があった場合には、百二十貫の力を出すことも出来よう」
注釈:俺がなんでこんな仕事をしなければいけないのだと思うのではなく、むしろチャンスと思い余力を残して来るべきポストに就いた時のために備えておけと、自らの体験から述べている。


ペルー銀山で失敗し浪人の身となった是清に数々のポストが舞い込んできたが・・・
「これまで私が官途についたのは、衣食のためにしたのではない。今日までは何時でも官を辞して差支えないだけの用意があったのである。従って、上官が間違っていて正しくないと思ったときは、敢然これと議論して憚るところがなかった。しかるにいまや、私は衣食のために苦慮せねばならぬ身分となっている。到底、以前のように精神的に国家に尽くすことができない」
注釈:是清は浪人中で生活するにも困っていた。北海道庁に勤めないか、群長はどうか、県知事はどうかと色んな話が持ち込まれてきたが、これらの話を上の理由により全部断ってしまう。


ペルー銀山で失敗し浪人の身となった是清に今度は日銀総裁が山陽電鉄の社長のポストはどうかと言ってきたが・・・
「ペルーの銀山で失敗し、ヤマ師とまで言われかねない経歴を持った人間を社長にして下さるお気持ちは大変うれしい。しかし、もし私が社長として失敗したら、天下の日銀総裁がその不明を恥じることにもなります。私は鉄道の社長など自信がありませんし、自信がないことは良心が許しません。私は自惚れを捨てたところから出発したいと思っています。どうか、丁稚小僧からやれる仕事を探していただきたい」
注釈:日本銀行の第3代総裁の川田が浪人中の高橋の高潔な人物を評価し、ちょうど空席だった山陽鉄道の社長のポストを差し出す。当時の山陽鉄道の社長は今のJR西日本よりもはるかに大きい会社の社長といってもいいであろう。しかしこの話も高橋は断ってしまう。


「そんなことはありません。喜んで辰野さんの下で働きます」
注釈:川田総裁はますます是清が気に入り、「ではワシのところで玄関番をやってみるか」とたたみかけるとようやく是清は「喜んでやらせていただきます」と答えた。そこで「日本銀行建築所主任」という端役ポストが用意された。しかし一つだけ問題があった。その建築事務所の所長は辰野金吾といい、以前是清が英語学校で英語を教えていた時の教え子である。川田は「教え子の下では、ちと、まずいかな」と問うた時の是清の返事が上の言葉である。是清はどこまでも無欲、恬淡で私欲のない男であった。


「もっと歳が若くて、先へ行ってご奉公できるというのなら別だが、ワシはもうこの年齢だ。いま、ご奉公しなければするときがない。ワシは最後のご奉公と思って入閣した・・・」
注釈:是清が最後の蔵相を引き受けたのは81歳の時。何故引き受けたのか側近に語った。


「学問は之(これ)を使ってこそ、始めて効用がある。世間の実情を観るに、学問を利用せず、却ってその奴隷となる人が少なくないようである」



関連サイト
歴代総理大臣語録一覧
http://bit.ly/wBersx
高橋是清の知られざる逸話
http://bit.ly/w0vemP

高橋是清語録他
経済編 http://bit.ly/yzpYml 
人生編 http://bit.ly/wLeH1b


高橋是清(たかはしこれきよ)経歴(プロフィール)
1854年~1936年(安政元年~昭和11年)日銀総裁、大蔵大臣、第20代内閣総理大臣歴任。江戸生まれ。1875年、東京英語学校教師となる。1881年、農商務省工務局に入る。1892年、日銀に入る。1911年、日銀総裁となる。1913年、大蔵大臣、1921年、第20代内閣総理大臣。総理大臣辞職後も農商務相、大蔵大臣を歴任。1936年、2・26事件。赤坂の私邸で反乱軍の襲撃を受け、青年将校に射殺される。83歳で没。
スポンサーサイト



  1. 2011/11/01(火) 17:58:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<稲盛和夫(京セラ創業者)語録集(仕事編) | ホーム | 高橋是清(第20代内閣総理大臣)語録集(経済編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/122-c240f354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)