名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20310(2017年1月20日現在)

淀川長治語録

淀川長治語録全10件



「4歳から映画を見てきて、何が勉強になったか。キザですけど、愛ですね。次は勇気。次に誠実さ。映画館は人間勉強の一番の教室だね」


「映画とは国と国の垣根をなくすことね。映画とは世界の言葉を持っていることね。映画とはみんなが見るものね。映画とは人間を知ることね。これほど人間について教えてくれるものはないのね」


「名作映画は、人類にとって最高の総合芸術である」


「私はいまだかつて嫌いな人に会ったことがない」
注釈:淀川のスローガン。このスローガンを掲げていると、不思議と嫌いな人も好きになり、どんな人にもいいところがあるはずだと、それを探すようになるという。


「人間が生きるということはどういうことかといつも考える。すると死ぬことだということに帰着する。死ぬとわかれば今日この一日を十分に生きねば損だと思う」


「これをやっていれば幸せということ、誰でも一つ、あります。それを探しなさい。それを見つけて仕事にしたら、きっと幸福ですよ」


「知らぬ人には無愛想、知る人には愛情いっぱい。これが日本人には極端すぎる」


「思えば神様は人間をゆたかに幸せにするために、いつも苦労させるのだ」


「この(病室の)ドアを開ける人は、笑って開けて下さい」


「死は人間卒業、自殺は人間廃業です」


関連サイト
芸能界(日本)語録集 
http://bit.ly/UcuzAj


淀川長治(よどがわながはる)経歴(プロフィール)
【1909年(明治42年)~1998年(平成10年)】日本の映画解説者、雑誌編集者、映画評論家。兵庫県神戸市出身。日本大学法文学部美学科予科中退。長年にわたって「日曜洋画劇場」の解説を務めた。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/16(日) 20:57:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒柳徹子語録 | ホーム | 内村鑑三語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1193-96f96832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)