FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

内村鑑三語録

内村鑑三語録全17件



「誠実に由りて得たる信用は、最大の財産なり」


「人もし全世界を得るとも、その霊魂を失わば何の益あらんや。人生の目的は金銭を得るにあらず。品性を完成するにあり」


「人生にとって一番の幸福とは何か?それは自分の天職を知って、これを実行に移すことである」


「東洋思想の一つの美点は、経済と道徳とを分けない考え方であります」


「書を読まざる日は損失の日なり」


「戦争は戦争のために戦われるのでありまして、平和のための戦争などとはかつて一度もあったことはありません」


「喜びの声を発すれば喜びの人となり、悲しみの声を発すれば悲しみの人となる」


「他の人の行くことをきらう所へ行け。他の人のいやがる事を為せ」


「一日は貴い一生である。これを空費してはならない」


「微笑は大なる勢力なり、春の風の如し。心の堅氷を解く力あり」


「雇人は兄弟と思うべし。客人は家族として扱うべし」


「自己に頼るべし、他人に頼るべからず」


「貧は自由の伴侶である。束縛は富に伴うものである。富は人の作ったものである。ゆえに富んで人世の束縛より離れることははなはだ難しくある。貧者のひとつの幸福は、世が彼の交際を要求しないことである」


「富も財産なり。知識も財産なり。健康も財産なり。才能も財産なり。意志もまた財産たるなり。しかして意志のほかの財産に勝るゆえんは、何人もこれを有すると、これをおのれが欲するままに使用しうることにある」


「愛に恐怖なし。最上の道徳なればなり」


「家庭は日本人最大多数に取りては幸福なる処ではなくして忍耐の所である」


「政治に野心がある、好策がある、結党がある、政治は清浄を愛し、潔白を求むる者の入らんと欲する所ではない」


関連サイト
偉人のエピソード逸話集 
http://bit.ly/xLH35E


内村鑑三(うちむらかんぞう)経歴(プロフィール)
【1861年(万延2年)~1930年(昭和5年)】日本人のキリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者。高崎藩士の長男として江戸小石川の武士長屋に生まれる。著作『代表的日本人』『求安録』『地人論』など。
スポンサーサイト



  1. 2012/12/16(日) 11:27:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<淀川長治語録 | ホーム | ジェレミ・ベンサム語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1192-a60f14f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)