FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

藤田田(マクドナルド創業者)語録集(事業編)

藤田田(日本マクドナルド創業者)語録集(事業編)全8件



勝てば官軍
「ビジネスに挑戦するならば、勝たなければならない。勝てば官軍。負ければ倒産が、現実なのだ。負けたら言い訳は通用しない。勝つことがすべてなのである」


「凡眼には見えず。心眼を開け。好機は常に眼前にあり」
注釈:24歳で藤田商店を創業した時に作った言葉。


「ビジネスは勝たなければ価値がない。人生もまた、しかり・・・」


人間、生まれたときも裸、死ぬときも裸
「私が事業に成功できたのはなぜか。秘訣は一言でいえば、人間はいつも裸であるという精神を持って仕事に臨んでいるからである」
注釈:宮本武蔵は五輪書の一節で「自分が切られると覚悟して打ち込めば勝てる。それが剣の極意だ」と説いた。そこから藤田は、もともと裸なのだから、今の瞬間に全財産、全精神力をぶつけて、それで失敗してもしょうがないという精神で事業を行っている。


「私がハンバーガーに手を出したのは、日本人が国際的な競争力に打ち勝つための、体力作りのため、体質を変えるためだ。日本人が肉とパンでできたハンバーガーを1000年も食べ続ければ日本人も金髪になる」
注釈:マクドナルドのスタート時、ハンバーガーは日本人の口には合わないと言われたが、藤田は記者団の前で大見栄を切った。今、日本人がハンバーガーを食べるようになって40年になるが、最近スポーツ選手や若者だけでなく年配の人も金髪にしている人が多い。藤田の大見栄は的中したといえるかもしれない(笑)


「小売業で成功するには日々の小さな積み重ねが大事。逆転ホームランをねらったら失敗する」


「事業にしても、たった一つの理由で成功していると、ひっくり返る可能性がある。細かいことの積み重ねを怠らないことが成功の秘訣である。積み重ねるものは、それがどんなに小さなものであっても心配することはない」


「今日来たお客様は、明日こないかもしれない。いま、何をすべきか、それがこのビジネスのすべてである」
注釈:この文言はマクドナルドのハンバーガー大学の入口に掲示してある。フードサービスは今に全てをかける仕事なのである。



関連サイト
偉人のエピソード逸話集 
http://bit.ly/xLH35E
藤田田語録他
経営者編 http://bit.ly/xpGvLa


藤田田(ふじたでん)経歴(プロフィール)
1926年~2004年(大正15年~平成16年)日本マクドナルド、日本トイザらス創業者。大阪府大阪市淀川区生まれ。1951年、東大法学部卒業。在学中にGHQの通訳を務めたことがきっかけで「藤田商店」を設立。学生起業家として輸入業を手がける。1971年、日本マクドナルド㈱設立。わずか10年余りで日本の外食産業で売上一位を達成。1989年、日本トイザらス㈱設立。2001年、ジャスダック市場に上場。78歳で没
スポンサーサイト



  1. 2011/10/29(土) 23:42:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<堺屋太一(作家)語録 | ホーム | 藤田田(マクドナルド創業者)語録集(経営者編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/117-1c84af6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)