FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

ニッコロ・マキャベリ語録

ニッコロ・マキャベリ語録15件
(外交官・政治思想家)


「自らの安全を自らの力によって守る意思を持たない場合、いかなる国家といえども、独立と平和を期待することはできない」


「個人の間では、法律や契約書や協定が、信義を守るのに役立つ。しかし権力者の間で信義が守られるのは、力によってのみである」


「武装せる予言者は勝利を収めることができるのであり、反対に、備えなき者は滅びるしかなくなるのだ」


「君主にとって、術策など弄せず公明正大に生きることがどれほど賞賛に値するかは、誰もが分かっていることである。しかし、われわれの経験は、信義を守ることなど気にしなかった君主のほうが、偉大な事業を成し遂げていることを教えてくれる。それどころか、人々の頭脳をあやつることを熟知している君主のほうが、人間を信じた君主よりも、結果から見れば越えた事業を成功させている」


「結果さえ良ければ、手段は常に正当化される」


「戦争はしようと思ったときに始まる。しかし、終わって欲しいと思ったときには終わらない」


「君主たるものは、才能ある人材を登用し、その功績に対しては、十分に報いることも知らねばならない」


「君主は、自らの権威を傷つける恐れのある妥協は、絶対にすべきではない」


「たとえ人の生命を奪っても、財布に手をかけてはならぬ。 人は父親の殺されたのは忘れても、財産の失われたことは忘れないからだ」


「リーダーの素質とは、所詮もって生まれた天性のものによるのでは、ないだろうか」


「困難な時代には、真の力量を備えた人物が活躍するが、太平の世の中では、財の豊かな者や門閥に支えられた者が、わが世の春を謳歌することになる」


「長所は必ず、短所を伴う」


「ある人物を評価するに際して、最も簡単で確実な方法は、その人物がどのような人々と、付き合っているかを見ることである」


「他人を傷つけねばならぬ場合には、その復讐を恐れる必要のないほど、痛烈にやっつけておかねばならない」


「賢明な人間は、他人の歩いた足跡を尋ね、ずばぬけて立派な人物を常に模範とすべきなのである。それはたとえ自分の力量がそこまで到達できなくても、思ったより高みにまで上がれるからである」


ニッコロ・マキャベリ経歴(プロフィール)
【1469年~1527年】イタリア、ルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国の外交官。フィレンツェ生まれ。代表的著書『君主論』『戦術論』など
スポンサーサイト



  1. 2012/12/08(土) 07:36:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<後藤田正晴語録 | ホーム | イングリッド・バーグマン語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1162-787a87d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)