名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3846。収録語録数20292(2017年1月16日現在)

長妻昭語録

長妻昭語録全4件



「政治家になってからは『生活者主権』の原点のもと、日々、役所との闘いが続いた」


「これほどまでに役所から資料が出てこないのか」
注釈:これが国会議員になった最初の驚きだったという。


「野党時代から膨大な役所の資料と格闘してきた私は、それなりにキャパシティがあると思っている。それでも、厚生労働大臣が扱う資料、案件の多さは野党時代の比ではなかった。野党時代を20だとすれば、大臣は100ぐらいではないか」


「私は、その国の消費税率というものは、国民の国に対する信頼度に比例すると思っている。高い消費税率が可能な国は、国民がその国の政府を信頼し、きちんとした社会保障の見返りが得られると信じているからではないか。この信頼がなければ、消費税を上げられない」


関連サイト
政治家(日本)語録集
http://bit.ly/Pr4POW


長妻昭(ながつまあきら)経歴(プロフィール)
日本の政治家。衆議院議員。厚生労働大臣(第11・12代)を歴任。民主党所属。1960年東京生まれ。慶応大学法学部卒業。日本電気株式会社、日経BPを経て、2000年6月、衆議院議員初当選。野党時代に年金記録問題で政府を鋭く追及し、政権交代に貢献。与党になってから厚生労働大臣を歴任。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/28(水) 22:35:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上田桃子語録 | ホーム | 野口みずき語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1110-dcda3fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)