名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3847。収録語録数20304(2017年1月18日現在)

鍵山秀三郎語録

鍵山秀三郎語録全14件



「人が見捨てたり、見逃したり、見過したりしている物の中に宝の山がある」


「この国をよくするのは、財務大臣でもなければ、総理大臣でもありません。国民一人ひとりの、ほんのちょっとした生き方にかかっています」


「リーダーとして一番心しなければならないのは、『至誠 神の如し』ということに尽きるのではないかと思っています。リーダーは誠を尽くすしかない」


「足元のゴミひとつ拾えぬほどの人間に、何ができましょうか」


「根を養えば、木は自ずから育つ」


「微差、僅差の積み重ねが、大差となる」


「成功のコツは2つ。それは『コツコツ』」


「やったことで無駄なことは何一つありません。ただ、無駄にしている人がいるだけのことです。無駄の中でも、心の無駄使いが一番いけません」


「いまだかつて、倒産した企業で、きれいに整然と掃除が行き届いていた会社はありません」


「私は才能も能力もないから、誰にもできることを、誰にもできないくらいやってきた」


「同じホテルに二泊三泊するときに、私はちゃんと部屋に書いておくのです。『私は今日も泊まりますから、このシーツも寝巻きも、枕カバーも何も洗濯しなくてけっこうです。このままでいいです』と。そうすると無駄に洗濯をしないで済みますね」


「『凡事徹底』というのが私の信条です。掃除にしても仕事にしても、平凡なことを積み重ねて徹底していくと、何事も行き届くようになるということです」


「創業以来30年間、私自身は、結果よりも過程を大事にする、道程を大事にする考え方で事業をやってきました。そういう生き方は、当初は成果が得られないように見えますが、隠れた努力は必ず道を開き、会社が必要とする売上げが得られるようになりました」


「終戦後、私たちはいろいろなことを望みました。ご飯をお腹一杯食べたい、一日一個の卵を食べたい、毎日牛乳を一本飲みたいとか。あの当時望んだもので、叶えられなかったものは何もない。望んだものはすべて手に入った。しかし、豊かさを手に入れる一方で、私たちは人に対する思いやり、公徳心といったものを失ってきてしまいました。比重としては失ったものの方が重かったかもしれないですね。豊かさを手に入れたのだから、もう一方の暖かな心を失わなければ、私たちは本当の幸せを手に入れることができたわけです」


関連サイト
創業者(日本)語録集
http://bit.ly/OcUwdW


鍵山秀三郎(かぎやまひでさぶろう)経歴(プロフィール)
カー用品販売大手のイエローハットの創業者。昭和8年(1933年)8月18日生まれ。昭和27年疎開先の岐阜県立東濃高等学校を卒業。昭和28年、デトロイト商会に入社。昭和36年、デトロイトを退社、ローヤルを創業、社長に就任。平成9年に社名をイエローハットに変更。創業以来続けている『掃除』に多くの人が共鳴している。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/26(月) 10:28:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラインホルド・ニーバー語録 | ホーム | 三浦甲子二語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1096-e6412f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)