名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3892。収録語録数20790(2017年4月27日現在)

宮崎輝(旭化成元社長)語録

宮崎輝(旭化成元社長)語録全9件



「いかなる大企業といえど、5年間何ら思い切った手を打たず、現状に満足し続けていれば、あっという間に傾いてしまう」
注釈:1985年、旭化成会長に就任して、四半世紀に及ぶ社長業を振り返って。


具体性のある夢を追い続けていく
「夢のない企業には、進歩も成長もない。だから社長は常に夢を追い続けなくてはならない。社長が夢をもつことによって、企業は進歩発展していくものである」

「小さな安全だけを考えたり、守りに徹するだけの盆栽経営ではやがて枯れる。経営はつねにアグレッシブ(攻撃的)でなければいけない。一時的に赤字部門であっても、将来成長する可能性があるなら、積極的に育てていくべきである」


「仕事は楽しみなんだ。どんな難しい問題でも真っ向から取り組み、それを一つひとつ解決していくことが、実に楽しい」


「役員になれるか、なれないかはだいたい新入社員のときから決まるといってよい。同じ新入社員でも、マイホーム主義の人、会社の仕事を優先する人と様々であるが、まず仕事に対して貪欲なまでの意欲がなければいけない」


国際的視野をもて
「新入社員ならともかく、トップになろうとする人は、国際的な感覚をもたなくてはいけない。いまや経済の国際化は、常識であり、日本経済や、自分の企業も国際的な大きな動きの中で活動しているのだ」


専門分野以外のことを勉強せよ
「よく世間では、スペシャリストが大事であるといわれるが、このスペシャリストというのがくせものである。というのは、いまはいろいろの仕事が細分化されているので、非常に守備範囲のせまいスペシャリストになってしまうのだ。これは会社にとってあまりいいことではない。事務系にしても技術系にしても同じで、せまい範囲のスペシャリストというのは困りものである」


二カ国語をマスターせよ
「日本経済は完全に国際化されている。世界を相手にしたビジネス以外は考えられない。そうなると、やはり外国語をマスターしていなくてはどうにもならない。英語は当然のことで、もう後、一カ国語、たとえばドイツ語、フランス語などをマスターしていると理想的である」


取締役には技術系も事務系もない
「会社に入って取締役になれば、その人間が技術系であるとか、事務系であるということは問題にならない。技術系だから、財務のことも労務のことも法律のことも知らなくていいかというとそういうわけにはいかない。ディレクターというのは、会社の経営全般についての知識がないといけないのだ」


関連サイト
宮崎輝の知られざる逸話
http://bit.ly/zZDMm3


宮崎輝(みやざきかがやき)経歴(プロフィール)
1909年~1992年(明治42年~平成4年)旭化成元社長。長崎県生まれ。昭和9年東京帝国大学法学部卒。同年旭ベンベルグ絹糸(旭化成の前身)に入社。昭和36年旭化成社長に就任。昭和60年会長。日本化繊協会会長、臨時行政調査会委員等を歴任。昭和57年勲一等瑞宝章。82歳で没。著書に「宮崎輝の取締役の選び方」
スポンサーサイト
  1. 2011/10/24(月) 00:55:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鈴木三郎助(味の素創業者)語録 | ホーム | 伊藤忠兵衛(伊藤忠商事創業者)語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/104-1f04767e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)