FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

松永真理語録

松永真理(編集者)語録8件


「『とらばーゆ』はフランス語で『仕事』の意味」


「転職とは、相手と自分との取引」


「20数社に就活しましたが、後に就職するリクルート社を除いて全滅」
注釈:松永がリクルート以外、全ての会社に落ちたとは意外だが、当時4大卒の女性の就職は狭き門であったという


「1999年2月22日、NTTドコモのiモードがスタートしました。この日を境に、『もしもし』『はいはい』の携帯電話が、手の中でインターネットをつなぐ道具になりました」


「親指でメールを打ったり、銀行の手続きをしたり、電車の時刻を調べたり。パソコンがなくてもインターネットを使える」


「話す携帯から、使う携帯へ。画期的なことです。社会の風景を変え、新しい文化を創った、と思っています」


「仕事の95%は繰り返しのルーティンワーク。でも、残りの5%をどう含まらせるかで仕事を面白くできるかどうかが決まる。どこかに面白い仕事がないかと探すんじゃなく、目の前の仕事を面白くする方法を探すことのほうが重要。楽しいことをするんじゃなくて、することを楽しんでみる。こっちのほうが知的だし、ずっと豊かな人生になると思うんです」
注釈『しびれるほど仕事を楽しむ女たち』


「人が必死でやっていれば男とか女なんて関係ないんですよね。必死でやろうという気持ちは相手に伝わるんですよ。目の前の人を変えていくには、自分が一番変わることだと気づきました。一生懸命やれば(人は)手を差し伸べますよ。それでもまだまだ手を差し伸べる人が少ないというなら、それは自分の真剣度が足りないから」


経歴(プロフィール)
■松永真理(まつなが・まり)
雑誌編集者、著作家。「iモード」の名づけ親としても知られる。1954年生まれ。長崎県佐世保市出身。祖父は海軍中将松永貞市、父は海軍大尉で作家の松永市郎。明治大学文学部卒業後、現・リクルート入社。雑誌とらばーゆ、リクルートブック等の編集部を経て、就職ジャーナル編集長、とらばーゆ編集長を歴任。1997年7月退社し、現・NTTドコモ入社。ゲートウェイビジネス部企画室長となり、iモードの企画開発にあたる。2000年3月退社、松永真理事務所を設立。2002年6月バンダイ社外取締役就任
スポンサーサイト



  1. 2012/11/07(水) 21:49:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山本浩二語録 | ホーム | 村上龍語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1018-4ce6f8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)