FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

養老孟司語録

養老孟司語録全15件



「壁は全て、自分が作っている」


「大事なことは、これが自分の生き方だ、自分の仕事だと決めることです」


「一歩を踏み出さなきゃ、好きかどうかも分からない」


「先が見えないときは、まず一歩を踏み出してみなさい」


「若い人の弱点は、今の自分で世界を考えたがること。自分が変われば、世界も変わることに気付いていない」


「人生でぶつかる問題に、そもそも正解なんてない。とりあえずの答えがあるだけです」


「これだと自分が思えることなら、何歳になって見つかってもいい」


「すでにやってしまった以上は、その結果がよいほうに向かうように、あとの人生を動かすしかない」


「天才といわれる人はほとんどが努力。人より秀でている部分を余分に良く使う」


「古典は読むべきだし、読む力をつけるべきである。それには自分で読むしかない。他人を当てにしても無駄である。まして学校ではほとんど何も教えてはくれまい」


「変わっていくこと、それが学ぶということ。知るということです。自分が変わっていなかったら、何も学んでいないと思えばいい」


「人間を構成している成分は約1年で90%入れ替わる。人間は川のように流れ移り変わる。本当の自分など存在しない」


「君たちだってガンになることがある。ガンになって、治療法がなくて、あと半年の命だよと言われることがある。そうしたら、あそこで咲いている桜が違って見えるだろう。では桜が変わったのか。そうではない。それは自分が変わったということに過ぎない。『知る』というのはそういうことなのだ」


「インターネットの中にあるのは、全部過去の遺物です」


「言葉にするのは情報化する能力だ」


関連サイト
作家(日本)語録集 
http://bit.ly/RC9JWI


養老孟司(ようろうたけし)経歴(プロフィール)
解剖学者。東京大学名誉教授。専門は解剖学。1937年(昭和12年)生まれ。神奈川県鎌倉市出身。東京大学医学部を卒業。東京大学助手・助教授を経て北里大学教授。2003年に発売された『バカの壁』が300万部を超える大ベストセラーとなった。その他『死の壁』『真っ赤なウソ』『解剖学教室へようこそ』など著書多数。
スポンサーサイト



  1. 2012/11/06(火) 20:30:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本多信一語録 | ホーム | 板倉聖宣語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1012-0666fa8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)