FC2ブログ

名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3971。収録語録数21867(2018年9月6日現在)

江夏豊語録

江夏豊(投手)語録8件


「ピッチャーは一球で地獄を見る。バッターは一振りで天国へ上がれる」


「選手が『チームワーク』なんてものをいちいち考えとったら、野球なんぞできん。そんなことは上の人が考えればいいことで、ワシら選手はそれぞれの持ち場の責任を全うすることが仕事やし、第一だ」


「要は仕事に対する情熱、やる気や。要は勝つことや。勝とうとする意識、意欲が15年間わしを支えてきた。結局、男の精神の糧なんてものは、その男が何に対して美を見出すかの問題やと思う。わしは野球人としてのわしの美学を常に勝つことに置いてきた」


「高三の夏の大阪大会では6試合で81奪三振。直球だけで三振の山を築いた」


「しかし、プロはそれで通用するほど甘くはなかった」


「自分はとにかく投げることが大好きだった。首脳陣に自分から投げたいと言ったことはあるけれど、肩、肘が痛くて投げられませんと言ったことは一度もない。それが現役生活18年の一番の誇りだ」


「勝負事はやっぱり勝たなくちゃいけない、勝つってことがどれだけすばらしいことか」


「働いた人も働けなかった人も、主力であろうが脇役であろうが、選手も裏方さんも、みんなが喜び合えるのが優勝だ。いくら個人の勝ち星が伸びようが、記録を達成しようが、この喜びは味わえない」


経歴(プロフィール)
■江夏豊(えなつ・ゆたか)
プロ野球選手(投手)、球界を代表する左腕。剛速球を武器とし、世界記録であるシーズン401奪三振をはじめ多くの記録を残す。829試合206勝158敗、193セーブ、防御率2.49。阪神・南海・広島・日本ハム・西武と5球団を渡り歩いた名投手。優勝請負人と呼ばれた。3年間の広島時代では日本シリーズでの「江夏の21球」が有名。1948年5月15日生まれ。兵庫県尼崎市出身
スポンサーサイト
  1. 2012/11/04(日) 22:15:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国木田独歩語録 | ホーム | ハインリヒ・ハイネ語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/1003-a32eb4d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)