FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4025。収録語録数22227(2021年8月11日現在)

谷井昭雄語録

谷井昭雄の名言・語録11件
(松下電器産業4代目社長)


「創業者のものづくりで、語っておかなければならないことがあります。それは、お客様が喜ぶもの、暮らしを豊かにするものを絶えず模索し、生み出し続けたということです」


「お客様に喜んでもらえるものを考え続け、技術を開発し、商品という形にして世に送り出す。技術を開発したから商品を作るのではない。『技術ありき』ではなく、『お客様の幸せ』のために技術を開発し、ものづくりに活かす。これが創業者のものづくりスタイルだったと言えます」


「ものづくりには、部品やパーツを製造する協力工場の力が欠かせません。普通はこうした工場のことを『下請け工場』と呼びますが、松下は別の呼び方をしていました。それは『共栄会社』です。松下はかつて、部品製造などを手掛ける外部の工場を『第一工場』、自社の工場を『第二工場』と位置づけていました。自社工場が第一で、外部の工場が第二、ではないのです。第一工場の多くは、いわゆる小さな町工場です。松下とは資本関係もなければ人事権もありませんが、ものづくりの観点から見ると、第一工場こそが一番の源流です。そして、第一工場の作ったものを組み立てるのが、第二工場である松下の工場。『第一があってこその第一工場』という考え方です」


「デジタル化というと、コンピュータ化や数値化を思い浮かべますが、デジタルがこの世界にもたらした変化は、単なる『技術の変化』だけではありません。ものづくりの根幹や価値観だけでなく、企業経営にまで大きな変化をもたらしました」


「デジタルというのは、職人の手を必要としない技術です。昔は一つの機械を動かすのにも、人の手が必要でした。さらに、機械をスムーズに動かして生産性を上げるためには、長年その機械を触ってきた人の経験がものを言っていました」


「デジタル化は、ものを安く、速く、容易に作ることに貢献しました。アナログの場合は、熟練の技術を持つ職人を何年もかかって育てなければなりませんでしたが、デジタルの場合は、お金を出して買えば、すぐにその技術を使うことができます。また、デジタルの中にノウハウまでも込みで入っているので、積み重ねた経験がなくてもものを作れるようになったのです」


「テレビのブラウン管など、以前は膨大な経験と技能を持っている大手メーカーしか作れなかったものが、デジタル商品は、新興メーカーでも作れるようになったのはこのためです」


「デジタルは、世界のものづくりの地図をも塗り替えました。以前は、家電といえば日本が圧倒的に強かったのですが、いまは韓国に負けています。デジタル化で技術をお金で買えるようになったからです。買える技術は買い、ものづくりに反映させることで、韓国は自分たちの商品をどんどん世界に送り出しています」


「デジタルの中に入っている技術やノウハウの多くは、日本人がコツコツ積み上げてきたものです。高度成長期、日本をものづくり世界一に押し上げた熟練の技が、いまデジタルのなかに閉じ込められています」


「ものの生産は、そのほとんどをデジタル化された機械がやってくれます。人間が製造現場にいなくても、スイッチひとつ押せば、高い品質の商品を生産してくれます」


「韓国はデジタル化された技術を購入し、効率的にものづくりを行い、発展途上国のニーズに応えたリーズナブルな商品を世界に届けてきました。これによって、韓国は日本に勝ったのです」


【出典】
『松下幸之助ものづくりの哲学』


【感想・論評・補足】
日本のメーカーの凋落はデジタル化の遅れが原因であることが、谷井氏の著書『松下幸之助ものづくりの哲学』を読むとよく分る。いつまでも現場現物主義などといっているから時代から取り残されてしまったのである



経歴(プロフィール)
■谷井昭雄(たにい・あきお)
日本の経営者。松下電器産業株式会社4代目社長。1928年4月20日生まれ。大阪府出身。神戸高等工業学校卒業。精密機械科卒業
スポンサーサイト



  1. 2021/04/12(月) 20:40:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0