名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3922。収録語録数21193(2017年10月14日現在)

仲宗根和徳語録

仲宗根和徳(不動産投資家)語録11件


「不動産投資で成功しているオーナーさんと、失敗してしまうオーナーさんの違いは、どこにあるでしょう? 答えは。『物件購入後に行動を起こしているか、どうか』」


「不動産投資で大切なのは、購入後に手間ひまをかけて、『物件を育てていく』という考え方と、それを実行に移せる環境作りにあります」


「そして、手間ひまをかけている方は、不動産投資で安定収入を得ていることも見逃せません」


「不動産物件は購入したときが一番いい状態で、その後、経年劣化が進みます」


「成功する人は家賃を上げる努力をする。失敗する人は家賃が下がるのをただ待つだけ」


「家賃をより高くする努力と投資を惜しむな」


「成功する人は未来の情報を収集する。失敗する人は過去や現在の状況に振り回される」


「不動産投資の要となるのが、情報の量と質です」


「特に重要なのは、3年後、5年後、10年後といった、近い将来についての情報と、最近の不動産のトレンドです」


「成功する人は、売却シミュレーションを行い、戦略的に売却を行う。失敗する人は自分の売りたいときに売る」


「不動産投資は、行き当たりばったりでやっていると失敗する確率が上がります」


■出典『不動産投資「購入後」の教科書』


■注釈
民間でアパート経営が始まったのは、昭和50年代からと言われる。それから、バブルがはじけるまでは、アパートは建てれば人が入り、家賃収入が入った。しかし、今はアパートやマンションは供給過剰で空室が多い。人口も減少していくので、ほっておいて常に満席にすることは難しい。では、購入後、何をすればよいのか。その具体的な方法を教えてくれるのが、仲宗根和徳の著書『不動産投資「購入後」の教科書』である


経歴(プロフィール)
■仲宗根和徳(なかそね・かずのり)
日本の経営者。不動産投資家。1978年、東京都で生まれる。法政大学経営学部卒業後、デベロッパーを経て、2011年に株式会社和不動産(なごみふどうさん)の代表取締役に就任。著書は多数執筆
スポンサーサイト
  1. 2017/05/28(日) 21:26:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ