名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3815 収録語録数20084 (2016年12月4日現在)

奥村綱雄(野村證券元社長)語録

奥村綱雄(野村證券元社長)語録全4件




経営は多面多角的なダイヤモンドのごとく
「ダイヤモンドは、中央の面をかこみ、多くの面が多角的に集まって底知れぬ光を放つ。会社経営もまたかくありたい。一人の独裁でもいけないし、悪平等でもいけない。個が集まって全を形成するが、個は全あっての個であって、個あっての全ではない」
注釈:野村證券社長時代に打ち出したダイヤモンド経営の趣旨を説明。


「ダイヤモンドには、必ず真中の頂点に大きな一つの面がある。この頂点の中心面が社長で、中心面が大きくならなければダイヤモンドは決して大きくならない。そこが経営の妙諦(みょうてい)なんだ。自慢じゃないが、僕は社長時代にそうやってきたつもりだ」
注釈:奥村は45歳の若さで社長に就任した。若造に何が出来るかとパッシングを受けたが、ダイヤモンド経営の名の下に、「投資信託運用部」「外国部の創設」「ニューヨーク支店の開設」「社員の海外留学制度の実施」などを手掛け今日の野村證券の礎を築き野村證券中興の祖といわれた。


「一つ上の仕事をやれ。社員は主任、主任は課長の、課長は部長の、部長は役員の、それで初めて大きな仕事ができる」


「一人でいくら力んでみても限りがある。組織が大きくなればなるほどそうなる」



関連サイト
奥村綱雄の知られざる逸話
http://bit.ly/AtBjmF


奥村綱雄(おくむらつなお)経歴(プロフィール)
1903年~1972年(明治36年~昭和47年)野村證券元社長。滋賀県生まれ。京都帝国大学経済学部卒後、野村證券に入社。調査、企画各部長。取締役京都支店支配人。昭和23年同社社長。経団連評議員副議長等経済界の要職のほか、日本ボーイスカウト連盟理事長他を歴任。69歳で没。著書に「僕のダイヤモンド経営」「わが半生涯」
スポンサーサイト
  1. 2011/10/31(月) 23:20:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ