名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

服部金太郎(セイコー創業者)語録

服部金太郎(セイコー創業者)語録全3件



「私が他人より優れたものがあったとするなら、それはつねに世間より一歩だけ先んじて、仕事をすることを心がけていた点である。この一歩だけ先んずることは、いちばん大切なことで、何歩も先に進みすぎると、世間からかけ離れてしまう。そうなると預言者である。商人は預言者ではない」


「正直は最善の商道である。外国商館が私の小さな店を信用し、何ぞざん新なものとか、何ぞ珍しい時計でも入荷すると、他の店よりまず私の店に売ってくれた。私の店に来れば、時計は豊富で、おのずから客足が多くなり、ここに店運発展の機運を形成するに至った」
注釈:舶来時計の仕入れは、横浜など開港地の外国商館を経由する商館貿易に頼っていたが、支払は盆と暮れの2回に清算する江戸時代以来の「節季払い」の習慣が残っており、支払期日を守らない商人が結構いた。そんな中、服部は、誠実に約束は守ったので外国人から信用された。


人生のモットー
「急かず、休まず」



関連サイト
偉人のエピソード逸話集 
http://bit.ly/xLH35E


服部金太郎(はっとりきんたろう)経歴(プロフィール)
1860年~1934年(万延1年~昭和9年)セイコー創業者。世界の時計王。江戸京橋の古道具屋に生まれる。明治6年、13歳で唐物屋に奉公。明治7年、亀田時計店に移り、時計工として修膳販売を修行する。明治14年、独立して服部時計店を開業。明治20年、銀座4丁目に進出。明治25年、精工舎を設立。時計の製造を本格的に開始し、「セイコー」のブランドを創設。明治28年、日本初の掛け時計を製造。大正14年、腕時計の量産化に成功。昭和5年、私費を投じて財団法人・服部報公会を設立。昭和7年、銀座に時計塔が完成。73歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/25(火) 07:10:31|
  2. 服部金太郎(セイコー創業者)語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4