名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

御木本幸吉(世界の真珠王)語録

御木本幸吉(世界の真珠王)語録3件




「わたしゃ、真円真珠(しんえんしんじゅ)を必ず完成させて、世界中の女の首を真珠でしめてごらんにいれます」
注釈:木綿の紋付で明治天皇に謁見したときの言葉


「誰もやったことのない仕事にこそやりがいがある。世界の何人も成功しなかったような仕事を成し遂げるのが、日本の新事業家の栄えある使命じゃあるまいか」


「常識なんていうものは、ただの人間のいうことだ。そんなものをありがたがっていてなんで偉くなれるのか。普通の人間が考えたり、したりすることをしていては普通の人間にさえなれない。御木本幸吉の常識は違う。おれはもっと偉いぞ」



関連サイト
偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xLH35E


御木本幸吉(みきもと・こうきち)経歴(プロフィール)
1858年~1954年(安政5年~昭和29年)現・ミキモト創業者。世界の真珠王。志摩国(現・三重県鳥羽大里町生まれ。1878年、20歳東京、横浜へ視察旅行。1881年、鳥羽藩士の娘うめと結婚。1888年、大日本水産会幹事長・柳楢悦に面会、神明浦で真珠貝の培養試す。1890年、柳氏の紹介で箕作佳吉博士に面接、真珠養殖の指導を受ける。1893年、相島(真珠島)で半円真珠完成。1899年、東京銀座裏に御木本真珠店開店。1905年、赤潮被害の中で真円真珠5個発見。明治天皇に拝謁する。1908年、真円真珠特許権を受ける。1951年、有限会社御木本真珠ケ島(現・ミキモト真珠島)創立。96歳で没
スポンサーサイト
  1. 2011/10/23(日) 09:07:08|
  2. 御木本幸吉(世界の真珠王)語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0