名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

アントニオ猪木語録

アントニオ猪木語録全33件



「夢を持て!でかければでかいほどいい。とにかく、夢を持て!」


「元気が一番、元気があれば何でもできる」


「道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ」


「プロレスに市民権を」


「限界なんて言葉はこの世の中にはない、限界と言うから限界ができるんだ」


「出る前に負けること考えるバカいるかよ!」


「人は歩みを止めた時に、そして、挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います」


「馬鹿になれ、とことん馬鹿になれ。恥をかけ、とことん恥をかけ。かいてかいて恥かいて、裸になったら見えてくる、本当の自分が見えてくる。本当の自分も笑ってた、それくらい 馬鹿になれ」


「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかる」


「花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ」


「悩みながらたどり着いた結論は、やはりトレーニングしかない」


「子供に夢を持たせたければ、大人こそ夢を持て」


「迷わず行けよ。行けばわかる」


「踏み出せば、その一足が道となる」


「寝てたいヤツは一日中寝ていろ!そのかわり、やる以上はギネスブックの、記録を作るぐらいの覚悟でやれ!」


「いろんな体験をせよ。多少無茶でもいい」


「言い訳はひとつも通用しません。それでも歩きましょう。人生逃げ道なし」


「落ちたら、またはいあがってくれば、いいだけのこと」


「苦しい時、どん底の時にこそ、過激に生きなければならない」


「いつか見てろよ、という立ち向かう姿勢が大事」


「人にはいろいろ好き嫌いがある。俺にもどうしても好きになれない人間がいる。しかし、その人間がどういう情報を与えてくれるか、その人間を一度飲み込まなければ、それは得られない。人を飲み込むことのできる器というのは、人を包み込める大きさがなければならない」


「人生は挑戦の連続である」


「重要なことほど直感で決める」


「猪木が笑えば世界が笑う」


「衰退期はやることなすこと裏目に出る。思い切って発想を変えないとやっていけない」


「相手の力を9引き出して10の力で勝つ」


「私のアゴの筋肉は鍛えられています」


「何かやると、当初はいろいろ言われても、あとから必ず評価されるときが来ます。俺の歴史はその繰り返しですよ」


「ちっちゃなケンカをするたび、スケールが小さくなる」


「俺は本音で勝負してるから、どんな逆境でも人気商売をやらせてもらえる。客にコビ売ってたら商売にならないよ」


「元気がなければ、子供だって減っちゃう」


「私はプロレス修業時代、誰よりも大きな欲を持とうと思い練習した。だからつらいことにも耐えられた。苦が苦ではなかった」


関連サイト
プロレスラー語録集
http://bit.ly/1525TNQ


アントニオ猪木/本名:猪木寛至(いのき・かんじ)経歴(プロフィール)
昭和18年~(1943年~ )生まれ。神奈川県横浜市鶴見区出身。元プロレスラー、実業家、元参議院議員。新日本プロレス創業や異種格闘技戦の実現などにより、日本のプロレス・格闘技界に最も大きな影響を与えたひとり。2010年WWE殿堂入り。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/20(水) 20:38:32|
  2. アントニオ猪木語録
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0