FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22109(2020年11月2日現在)

平川祐弘語録

平川祐弘の名言・語録1件
(比較文学研究者)



「ソ連邦とか中華人民共和国とかでは、革命の元勲にたいして批判がましい発言をすれば、その言動が反革命的とみなされて極刑に処せられる可能性のある時期が長く続いた。日本でも最近こそレーニンを批判することがようやくロシヤ研究者の間でも許されるようになった気配だが、本国においてはレーニンは聖人視されて今日に及んでいる。それはただ単にソ連邦が言論の自由の幅が少い、全体主義国家であるからだけではあるまい。レーニンこそがロシヤ革命の指導者であったから、もし彼を非とすれば、彼の名において行われたロシヤにおける社会主義建設の半世紀を越える努力そのものが疑問視されてしまうからだ。同様に毛沢東についても彼を聖人視する風潮は今後も引続くであろう」


【出典】
『翔ぶが如く(10巻)の解説』


【感想・論評・補足】
平川のこの『翔ぶが如く(10巻)』の解説文の一節は、昭和51年頃に書かれたものであるが、日本のロシヤ研究者の間でもレーニンを批判することが出来なかった時期があったと窺い知ることが出来る。『翔ぶが如く』全10巻を読んで、最後のこの解説文が一番驚いた(*^_^*)


経歴(プロフィール)
■平川祐弘(ひらかわ・すけひろ)
日本の比較文学研究者、評論家。東京大学名誉教授、国家基本問題研究所理事。1931年、東京で生まれる。一高・東大教授でドイツ文学者の竹山道雄の女婿となり、長女の足立節子も比較文学者である。兄の平川浩正は物理学者・東大理学部教授
スポンサーサイト



  1. 2020/11/22(日) 23:31:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

末次一郎語録

末次一郎の名言・語録1件
(ミスター北方領土)



「北方領土返還要求運動の一環として、根室の納沙布岬に『四島のかけ橋』という巨大なモニュメントを造った。全国から募金して約4億円かかったが、私は建設委員長としてこの建造に取り組んだ。昭和56年のことである。モニュメントは巨大な鉄の建造物だったが、全体の調和を図るために大きな自然石を配し、これに碑名と趣旨などを刻むことを発想し、地元の代議士である中川氏に相談した。彼は即座に引き受けてくれ、いくばくもなく数十トンもある石を運ばせてくれた。聞けば、彼を支持する業者に指示し、知床半島の奥深くから運び込んでくれたということであったが、2、3百万円はかかったろうというのが本体を建設した業者の評価であった。当然この費用のことを切り出すと、彼は、『心配ご無用。俺の寄付だ』と言いきった。そこで私は、その石に碑名を刻む際に『中川一郎氏の寄付による』と明記したいと申し出たが、彼は、『絶対にやめてくれ』と言いきった。この石は現場で全体のまとめ役として愁然と座っているが、中川という人は、正にこんな大人物であった」



【出典】
『温故創新 戦後に挑戦━心に残る人びと』



【感想・論評・補足】
末次一郎は清貧を旨として栄誉や厚遇を辞退し沖縄返還や北方領土返還に命をかけた人物である。その末次の姿勢に心打たれたのか、中川一郎もまた立派である。レガシーを残したいだけの政治家に爪の垢を飲ませたいぐらいだ(*^_^*)



経歴(プロフィール)
■末次一郎(すえつぐ・いちろう)
【1922年~2001年】安全保障問題研究会の主宰者。沖縄返還の功労者として知られ、晩年は日ソ専門家会議を主催して北方領土返還運動にも取り組み、「ミスター北方領土」の異名をとった
  1. 2020/11/17(火) 23:05:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古賀伸明語録

古賀伸明の名言・語録6件
(6代目連合会長)


「労働運動の元祖とでもいうべきイギリスの古い諺に『経営者は、彼と同等の価値の労働組合を持つ』というのがある」


「よく労使関係は『車の両輪━ 一方が強すぎても弱すぎても車は前に進まない━ 』にたとえられるが、されに言えば『お互いを映す鏡』とも言えるだろう。『うちの組合はどうも経営に理解がない』という経営者は、本当に組合をパートナーとして認識し、情報の共有化や経営への意見を真摯に求めているのだろうか」


「一方、組合も、経営側の無理解を非難する場合があるが、組合として日常的に経営に関心を持ち、情報収集や意見提起をしてきたのだろうか。相手の悪さの中には、自分の悪さが映っているのである。真の労使関係には、お互いを認め合う器量が問われている。労使双方が粘り強く努力を積み重ねなければならない、ということだろう」


「人は強い部分もあれば、弱い部分もある。私は産業革命の最大の罪は、工業化社会を作り、そして人の良(よ)し悪(あ)しを、仕事のできる人は良い人、仕事のできない人は駄目な人と、ひとつの尺度だけで測(はか)ろうとしたことではないかと思う。人はもっと多面的な価値を持っているはずだ」



【出典】
『松下幸之助と私』牛尾治朗/野田佳彦/古賀伸明


【感想・論評・補足】
流石、組合のトップまで昇り詰めた人。立派な考え方を持っておられる


経歴(プロフィール)
■古賀伸明(こが・のぶあき)
日本の労働運動家。6代目連合会長。全松下労働組合連合会(全松下労連)会長などを歴任。一貫して民主党を支持しており、2009年には政権交代の原動力にもなった。1952年生まれ。福岡県出身。宮崎大学工学部卒業。1975年、松下電器産業に入社
  1. 2020/11/14(土) 22:26:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西野武彦語録

西野武彦の名言・語録7件
(経済評論家)


「税金のない国、あっても極端に少ない国があります。石油、観光などの資源が豊富で、国(政府)を維持するために必要な経費をそれらの資源による収入で賄うことができる国がそれです」


「例えば、ナウル共和国やブルネイなどがその代表です。南太平洋にあるナウル共和国は、国土面積が21.3平方キロメートル、人口約9900人の小さな島国ですが、世界有数のリン鉱石産出国のため、リン鉱石の輸出によって得る収入で国の諸経費を賄うことができることから、税金のない国として知られています」


「ボルネオ島の北西部にあるブルネイ・ダルサラーム国は豊富な石油と天然ガスに恵まれており、ボルキア王国は世界有数の大富豪といわれています。税金がなくても石油と天然ガスの輸出による収入で国の経費を賄うことができることから、所得税を徴収していません」


「また、タックス・ヘイブンとして有名なケイマン諸島は、観光産業と金融センターとして経済が成り立っており、直接税がありません」


「逆資産効果とは、資産価値が大きく目減りしたことにより、個人消費や企業の設備投資などが冷え込むことをいいます」


「日本の金融機関は主として土地や建物などの不動産を担保に融資していますので、土地が大暴落すると。担保に取っている不動産の担保価値が大きく目減りし、担保を売却しても融資した資金の回収が困難になります。経営不振の企業が急増し、担保価値が大きく目減りすれば、金融機関の不良債権も急増します」


「不良債権の処理法には間接処理と直接処理があります。直接処理とは担保を処分して、不良債権をバランスシート(貸借対照表)から消し去ること。それには法的処理や債権放棄などの方法があります。間接処理とは不良債権に見合う貸倒引当金を積むことをいいます」


【感想・論表・補足】
税金がない国があるなんて羨ましい


【出典】
『「お金の知識」に強くなる本』


経歴(プロフィール)
■西野武彦(にしの・たけひこ)
日本の経済ジャーナリスト。経済評論家。証券、金融、不動産、経済一般まで幅広い分野で執筆。1942年、愛媛県生まれ。中央大学法学部卒業
  1. 2020/11/08(日) 21:16:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清水克衛語録

清水克衛の名言・語録4件
(書店「読書のすすめ」店長)


「『商い』の発想は、『まず、お客さんを喜ばせて、まわりが喜んでくれて、自分もうれしい』、というところから始まるんです」


「まず、人を喜ばせよう。それには、『まず、与える』こと。そしたら、それは、何倍にもなって、必ず返ってくる」


「日本には物の値段に『定価』という概念がありますね。これは今では当たり前のものだと考えられていますが、江戸時代の中ごろにできあがった考え方なんです」


「ちゃんとお店の利益、仕入先の利益、お客様の利益を考えて、定価という考え方ができあがり、みんなが喜ぶ手段だということで、当時はたいへん歓迎されたそうです」


【出典】
『繁盛したければ、一等地を借りるな!』


経歴(プロフィール)
■清水克衛(しみず・かつよし)
日本の実業家。書店「読書のすすめ」店長、NPO法人「読書普及協会」初代理事長。 「本のソムリエ」と呼ばれる。1961年生まれ。東京都出身。著書『はきものをそろえる - 世界一かんたんな成功法則』『渡したい本がある君のために。 - 成功と幸せが集まってくる「読書のすすめ」』『中高時代に読む本50 - 強く、やさしく、かっこいい言葉に出会おう』など多数
  1. 2020/11/02(月) 15:01:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ