名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3922。収録語録数21193(2017年10月14日現在)

斉藤惇語録

斉藤惇語録10件
(実業家・金融家)


「市場は全てを映す」


「教育者だった父は若い時から古今東西の文学書や歴史書などを買いため、引っ越しをくり返すなかでも捨てることはなかった」


「文学は好きだった」


「会計が資本市場のインフラ中のインフラであると実感するのは、野村証券に入って米国勤務を経験したころだ」


「長崎支店に4年半ほど在籍した後、大阪府の堺支店に移った。堺は野村証券中興の祖とされる奥村綱雄さんが育ったところ」


「野村証券は1987年9月期の決算で4937億円の経常利益を上げ、利益日本一になった」


「あの頃の野村が本当に世界一だったかどうか、よく分からない。しかし翌1988年も4000億円超の利益を上げ、少なくとも日本市場では圧倒的な存在だという自信が、社内に満ちていた」


「ある時、野村の某首脳が私のところにきて『1兆円くらいの利益を目指せないか』と言ったことがある。4000億~5000億円の利益を出せるなら、それを倍増させようという、分かりやすくて威勢の良い話。現場にハッパをかけていたのだ」


「日経平均株価は1989年の大納会で史上高値をつけた後、1990年から下落基調をたどった。壮絶なバブル崩壊の物語の始まりだった」


「株価は経済の先行きを実によく示している。野村の株価は日経平均に先立ち、1987年4月に5990円の史上最高値をつけた後、下げ始めていた」


出典『日経新聞(私の履歴書)』


経歴(プロフィール)
■斉藤惇(さいとう・あつし)
日本の実業家。野村證券株式会社副社長、住友ライフ・インベストメント株式会社最高経営責任者、株式会社産業再生機構社長、株式会社東京証券取引所代表取締役社長、株式会社東京証券取引所グループ取締役兼代表執行役社長、株式会社日本取引所グループ取締役兼代表執行役グループCEOなどを歴任した
スポンサーサイト
  1. 2017/10/17(火) 21:46:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辻直美語録

辻直美(正看護師)語録8件


「抱っこは、本来苦しいものでも、つらいものでもありません」


「『抱く』という字は、手で包むと書きますよね。『包む』という字はもともとお腹の中に赤ちゃんがいる状態を表しているのです」


「抱っこは命と命との大切なコミュニケーション」


「特にママとベビーの抱っこは、ママが愛するベビーをやさしく包み、ベビーが身も心もママにゆだねるものです」


「お互いの体と心が寄り添って、ママもベビーも幸せな気持ちになれる。それが私の提唱する『まぁるい抱っこ』です」


「私は『まぁるい抱っこ』を通して抱き方のテクニックだけをお伝えしているのではなく、ベビーと向き合う姿勢の重要性を最初に知っていただきたいと思っています」


「たくさん抱っこされることで、愛されている、大切にされていると実感し、人としての自信がつくのです」


「子どもは時期がくれば自然に自立するもの。それまでに、数えきれないほどの抱っこをしてください」


出典『どんなに泣いている子でも3秒で泣き止み3分で寝るまぁるい抱っこ』


■注釈
辻直美は今まで、2万人以上の赤ちゃんを抱っこしたことがある。辻の経験に基ずく「抱っこ論」は説得力があり、辻のセミナーで参加者は涙を流しながら聞く人も多いという


経歴(プロフィール)
■辻直美(つじ・なおみ)
日本の正看護師。育母道代表。吹田市民病院(整形外科、内科、産婦人科、救急)に勤務の後、大阪府より任命され2年間、上海での医療提供活動に従事。帰国後、聖路加国際病院救命救急センターに勤務。当時、地下鉄サリン事件の救急救命にあたる。その後、国際救命救急災害レスキューナースとして、東日本大震災、御嶽山噴火災害、広島土砂災害、熊本地震などの被災地で救命活動、被災者の心のケアに従事する
  1. 2017/10/17(火) 21:16:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金川顕教語録

金川顕教(起業家)語録27件


「僕は昔から、環境のせい、人のせいにしたことはありません」


「結果が出たら他人のおかげ、失敗したら自分のせい」


「失敗は、ただの過去であって未来ではありません。そこに囚われる意味なんて1ミリもないんです」


「変化を恐れなければ人は変われる」


「普段連絡を取る人を変えると間違いなく環境は変化します」


「勇気を出して、すでに稼いでいる成功者たちの輪の中に入っていくのもいいです」


「あなたの人生は一瞬で変わります」


「人生は、カップラーメンの3分間と同じくらいのスピードで変わるものです」


「お金を稼ぐ時に、必要なのはマインド95%です。全てはマインドです」


「僕が外資系の会社員時代の唯一の後悔が不動産を買っていなかったことです」


「僕が動画を無料で提供しているのは、自分のさらなるスキルアップのためなのです」


「インプットした時の『できる』という自信は全く根拠のない、妄想の世界に作り出された机上の空論にすぎないということです」


「100のインプットをしたら120のアウトプットをする。僕が絶対的に意識していることです」


「その幻想を可能にさせるためには『アウトプット』をする。つまり、実践式の練習をするしかありません」


「どんなに良いメンターがいても、学びを最大限取り込める質問スキルがなければ宝の持ち腐れとなってしまいます」


「いい仕事はいい質問から始まります」


「大事なことは、なんでも恐れずに聞いてみること。これができる人は、できない人より成長スピードが違います」


「まずはあなた自身が確実に踏み出せる1歩を設定して、それを続けることが大切です」


「基本的なことですが、何事も、継続することが重要です」


「歩き出したはいいものの、1歩目で立ち止まってしまったら意味がありません」


「2歩目、3歩目と確実に積み重ねていく行動を続けることが、成功への最速で最短の道になるんです」


「貧乏と富豪の差。それは圧倒的な時間の使い方、効率化にあるとってもいい」


「お金を稼ぐことは面倒なことばかりです。副業にしろ起業にしろ投資にしろ、色々な手続きやアクションが必要になります。でも、それを面倒くさがって逃げているといつまでもお金は稼げません」


「僕は今まで多くの人にビジネスを教えてきました。そんな中で多くの手段やノウハウに欲張って手を付けている人の多くはまったく結果を出せていなかったんです」


「1つのことにきっぱり集中して打ち込んだほうが結果は必ず出ます。ほかのことを捨てて、一つのことに集中した結果得られるものは実はかなり大きいです」


「やることが分散すればするほど、やらなければならないことや費やさなければならない時間も増えます」


「捨てて、一つに絞って、それに集中する。これってすごいパワーが出るんです。僕は完全にこれと決めたら全力で突っ込んでいくタイプです」


■注釈
金川は今まで、他人のせいや環境のせいにしたことがないという。中学生の時に、両親が離婚したが、その時も子供なりに何か出来なかったかと思うだけで、両親を責めたことはないという


経歴(プロフィール)
■金川顕教(かながわ・あきのり)
日本の起業家。経営者。株式会社Social River代表取締役。三重県生まれ。偏差値35から2浪、立命館大入学在学中に公認会計士、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツに就職。その後、起業
  1. 2017/10/13(金) 20:34:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川島和正語録

川島和正語録11件
(1億円ブロガー)


「お金持ちじゃない人の意見より、お金持ちの意見を信じた方が、お金持ちになれる確率は圧倒的に高いと言えます」


「お金持ちになる秘訣と言ってもいろいろとあるのですがその中で一番重要なのは『「お金持ちと同じように考え同じように行動する』ということです」


「実際、私自身も私の友人で稼いでいる人も素直にお金持ちの価値観を学びお金持ちの稼ぎ方をそのまま実践してきた人だらけです」


「某億万長者から学んで、億万長者になった人の中には洋服や髪型、生活リズムまで某億万長者と同じにしている人がいるくらいです」


「『お金持ちの価値観』」や『お金持ちの稼ぎ方』を本やセミナーなどで学んだとしても、それをそのまま実践しない人が多いのです」


「金持ちになる秘訣は『一番儲かる仕事以外やらないようにする』ということです」


「ほとんどの人は、儲け話がいくつかあると全部取り組もうとしてしまいます。取り組まないともったいない気になるからです」


「しかし、金持ちになるためには一番儲かる仕事以外やらないほうがいいです。たとえ、時間に余裕があったとしても一番儲かる仕事以外やらないほうがいいのです」


「なぜ一番儲かる仕事以外やらないほうがいいのかというと一つのことに集中して行動したほうがスピードもクオリティも上げることがでるからです」


「そして、それによってさらに利益アップできるからです。また、時間に余裕があるからこそ新しい手法やビジネスチャンスを探したり試したり出来るからです」


「まずやるべきことは、今から将来にわたって何をすれば一番儲かるか調べることであり、それに集中して取り組むことです」


経歴(プロフィール)
■川島和正(かわしま・かずまさ)
日本の世界を旅する年収1億円ブロガー。1979年7月7日、東京で生まれる。元々は平凡なサラリーマンだったが、読書して各種ノウハウを学んだことにより、28歳から7年連続年収1億円以上、累計50万部のベストセラー出版、50カ国以上への旅行、有名タレントとの同棲生活など、多くの夢を叶える
  1. 2017/10/11(水) 21:59:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中野雅至語録

中野雅至語録9件
(コメンテーター)


「コメンテーターの最大の使命は権力を批判することに加えて、多様な意見・見方を世間に示すことです」


「多様な意見・見方が許されることこそ、民主主義の基盤です。また、多様な意見・見方があるからこそ、世の中は進歩するのです」


「報道番組や情報番組に大きな影響力を与えているのは、MCやコメンテーターではなくスタッフであるというのが私の結論です」


「その意味では、テレビ番組はやはりスタッフのものだと私は思っています」


「官僚ほどゴマをする職業はありません。官僚というとエラそうにしている印象がありますが、何事も政治家や業界団体に納得してもらわなければ進まないという現実があって、卑屈なくらいにゴマをすります」


「官僚は心の中で『このバカ・・・・・』と思っているような政治家にも平気でゴマをすります」


「コメンテーターという職業にとって『何でも語れる』というのは最大の強みです」


「テレビの世界はサラリーマンの世界とは少々違います。結論から言えば、テレビでは『目立った者勝ち』です。少々強引でも、積極的に話したほうがトクだということです」


「共演者との人間関係と言っても、次の機会があるかどうかがわからない世界です。そういう世界では自分の生き残りを優先するのが先決ということでしょう」


出典『テレビコメンテーター』


■注釈
コメンテーターの役割とは何か、コメンテーターのギャラは幾らか、コメンテーターになるにはどうすればいいか、コメンテーターになった時のメリット、デミリット等を分かりやすく書いているのが中野の著書『テレビコメンテーター』である


経歴(プロフィール)
■中野雅至(なかの・まさし)
日本のコメンテーター。労働官僚、行政学者。1964年、奈良県大和郡山市で生まれる。同志社大学英文科卒]。1989年、大和郡山市職員。国家公務員採用I種試験(行政)に合格し、1990年労働省入省。兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科教授を経て、神戸学院大学現代社会学部教授
  1. 2017/09/29(金) 20:40:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ